2012年03月11日

東武鉄道・スペーシア試乗会☆その2

鬼怒川温泉ホテルではお昼をいただきました。
妹と18年ほど前に鬼怒川に旅行したのですが、確かこちらに泊まったような気がします。
記憶が定かでないですが...なんとなくロビーに見覚えが。
IMG_4750.JPG
日光といえば湯葉!(2回目)おいしかったです〜。
そしてタオルが渡されたので?と思っていたら、温泉も入ってよいとのこと!
え〜!あと30分しかないけど...で、でも入るっ!
IMG_4754.JPG
ホテルの温泉、内湯から露天側を望む。
鬼怒川の温泉は無色透明で単純温泉、弱アルカリらしいです。
IMG_4762.JPG
こちらの露天、いい感じ!
IMG_4764.JPG
露天風呂から下を見下ろすと、雪が残る鬼怒川が見えました。
川の音に心が洗われます。でもまだかなり寒かったです...

再びバスに乗って駅前に移動、ほどなく乗り換えて日光東照宮に向かいます。
乗り換えの間に駅前の足湯へ。
IMG_4769.JPG
こちら無料!
時間が空いたらぜひ活用したいですね。
IMG_4770.JPG
さて、バスで1時間ほど移動しているうちにだんだん雲行きが怪しくなってきました・・・
今回、知り合いも何人か同行しているのですが、そのうちの一人の方がものすごく雨男なのです!
なぜか雨・嵐・運行休止など、偶然というにはあまりにすごい方です。日光に到着した途端、これだ。
IMG_4802.JPG
・・・思い切り、その方のご利益?・・・猛吹雪です。寒いっ!!
IMG_4794.JPG
カメラのレンズに雪が〜!
IMG_4790.JPG
中に入ろうか迷いましたが入場料高い...1年半前に来たばかりだし、いっか。寒いしね←1番の理由。

日光金谷ホテルが集合場所だったので、雪の中歩いてホテルへ。
道はよく覚えていたのでなるべく近道で戻ります。
IMG_4806.JPG
と、三仏堂の前を通るとなぜか書割状態??
IMG_4808.JPG
えっ三仏堂の周りに足場が立てられて、施設見学できたの!?
し、知らなかった...!これはめちゃめちゃ観たかった〜涙
IMG_4813.JPG
神橋も雪の中。
景色がまるで水墨画のよう!
寒い中、しばし立ち尽くして見とれてしまいました。
IMG_4825.JPG
やった〜ホテル到着。相変わらず素敵☆
IMG_4833.JPG
二階のラウンジでチーズケーキと紅茶をいただきました。
暖かいところでホッと一息。。
う〜ん、おいしい!ここの紅茶はすごく好き。
IMG_4829.JPG
一年半前、ここに友達と泊まってちょうど手前のテーブルで夕食をいただいたのでした。
フレンチのフルコース、おいしかったです。
その時のブログは...あ、あれ?まだ書いてなかった・汗
秋の紅葉の時期に来て、とっても良い時間を過ごせたのですが...
昨年も全く旅ブログ書けてなくて、ものすごく溜まっています。
い、いずれ書く...かな?汗

さて、私は金谷ホテルのパンを買って帰る、というのを一つの目的にしていました!
売り切れると困るので、しっかりロイヤルブレッド2斤、予約しておいたのです。ふふふ☆
IMG_4821.JPG
ちなみにこちらはホテルの坂の下にある金谷ホテルベーカリー。
こちらの建物も素敵です。
どちらも置いてあるものは同じですが、ホテルの中の方がパンが多く残ってました。
そして今回のおみやげ、ジャーン!
IMG_4845.JPG
なんと、ツアーのおみやげに金谷ホテルのパン、チーズロードを一斤いただきました!
うれしい〜〜!!
丸い筒状のがチーズロードです。
ダイスのチーズがゴロゴロ入っていて、おいしいです。
四角いのがロイヤルブレッド。
一斤は友達にプレゼントしました。
このパンは持つとずっしり来るのですが、焼いて食べるとめちゃくちゃ軽くていくらでも食べられちゃいます!
ほんと大好き。
知りませんでしたが、なんと昨年、神楽坂に金谷ホテルベーカリーができてたんですね!
買いに行こっと。
それから右下が金谷ホテルの紋入り足袋靴下!
前回来た時も買いましたが、友達へのおみやげに最適なのです。
IMG_4846.JPG
そしてこちらは自分へのおみやげ。
帰りの東武日光駅の売店で買った東武電車鉛筆、かなりいいです!
スペーシア(リニューアル前ですが)、りょうもう、TJライナーの3種類が2本ずつ入っていて、四角い鉛筆の全面、上下左右にちゃんと車体がプリントされているのです!
濃さが2Bというのも良い。
なんでこれスペーシア車内で売ってなかったんだろ??
IMG_4841.JPG
それから東武鉄道さんに、スペーシアの布バッグもいただきました!わーい☆
裏もワンポイント水色の印刷が入っててかわいいんです。
至れり尽くせりの試乗会、ほんと楽しかったです。
ありがとうございました〜!
posted by yascorn at 16:03| Comment(0) | 旅(鉄道)