2011年03月06日

ゆびピアニスト・7 KIMURA編

ゆびピアノ、今回は工作部隊!?
明和電機のアシスタントワーク(工員A)などをやりつつ「東京KIMURA工場」にて自分の作品を作り続けるマシンアーティスト・KIMURAくんです。
エンジンやモータを用いたKIMURA式自走機シリーズをはじめとするいわゆるバカ機械や誰に頼んでいいかわからない機械の受注、生産を手がけています。
まずはゆびピアノの演奏、見てください!


・・・今までとは違うタイプの演奏ですよね。
細かい仕様を説明すると、鉄のパイプにネジで曲を打ち込みゆびピアノのスイッチを入れます。
指に装着する部分は鉄の棒に、本体の三音(ラ、シ、ド)は電磁石でスイッチを叩く・・・と、小さい事をするためにこれだけの労力!
まさにそれがKIMURAくんの個性でもあります。

他にもこんな作品を作ってます。
「Singing fan」


「metal dog」


ちょくちょくMAKEに参加したり展覧会やったりしてるので、みんなも機会があったら作品の実物を見てみてくださいね。
posted by yascorn at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57670171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック