2011年03月13日

地震、その後の様子メモ

あれからあまりの被害の増大にただただテレビを見つめて何も出来ない状態が続いていましたが、せめてブログを更新しよう!とやっと動き始めました。
元気な人間から早く日常にもどらないとね。

ガスはあの後すぐ復旧しました。
というのも「大丈夫ですか?」と理事長さんが訪ねてきてくれたのです。
集合住宅のみなさん、顔見知りなのでこういう時ありがたい。
ガスが止まってしまったことを伝えるとさっそくやり方を教えてくださいました。

それから非常用にコンビニにカップラーメンなどの買い出しに行ってみたらおにぎりやパンの棚が見事に空っぽ。
電池もない...
そこへちょうどトラックが来て品出し始めたらすごい勢いで我先にと取り合い。
ちょっと怖かった。

しかしツイッターで読んだのですが、東北地方で停電にも関わらず営業していたコンビニでは、子供が「おばけやしきみたーい!」とはしゃぎ、女子高生が携帯で老人の足下を照らし、レジでは店員さんが電卓で計算しているのを「がんばってね」と励ます光景もあったとのこと。
こういう話を聞くといざという時に協力しあえる日本人っていいなあ、と感じます。

とにかくツイッターとテレビは点けっぱなし。
私はずっと家にいましたが、都心から帰れない人が続出し、あちらこちらで避難所情報が飛び交い、私もいくつかリツイートしました。
私の友人も家に帰れず避難所に泊まったり、他の友人は自転車で家まで帰ったとか。
しかし残念なことにデマも出回っていたらしく、訂正ツイートも多かった。
こういう時に真偽を確かめるのって難しい。


その夜、夜0時近くに外に出てみました。
いつも21時過ぎには閑散としている五日市街道が大渋滞。
歩道にはおそらく都心からここまで歩いてきたのだろう、と思われる人々が大勢黙々と歩いています。
まだこの段階ではJRも地下鉄もほぼ止まっていました。
駅まで行ってみると西荻駅はシャッターが閉まっていて張り紙が。
110312_0034_01_2
避難所案内のボードを持った方達が寒空の中、何人も立っていました。
タクシーを待つ列も50人ほど、24時間マクドもそこで過ごす人で溢れ、SEIYUも今日明日は休みとのこと。まだ家路まで歩く人も多く見かけた。
東京もまだまだ夜は寒いけど、被災地の寒さを思えば...!


今日も昨日買えなかった米など買おうと3時間ほどスーパーやコンビニをはしご。
吉祥寺ヨドバシも単一・単ニの電池が全くなく、スーパーも米、トイレットペーパー・じゃがいも等売り切れ。
カセットガスも一つもなかった。
110313_1932_01
とりあえず普段からすごく買い置きしてしまう気質なので、それほど困らないけど、お米がなかったらお菓子を食べればいいのよ!という心意気でお菓子を大量
購入しました。

明日から計画停電も始まるらしいので、みなさんいろいろと準備しておきましょう!
posted by yascorn at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57670175
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック