2011年03月15日

私たちにできること・輪番停電&ヤシマ作戦について

すでにヤシマ作戦を始めている方も多いと思いますが、昨日から輪番停電が始まりましたね。
しかし二転三転して正式な発表があったのが当日朝5時。
東京電力のHPで自分の地域の確認をしたら、第1グループで6時20分から停電でした。
同じく第一グループで対象になっていた実家に慌てて朝早くに電話して親を起こしてしまいました。
しかし一向に停電にならないのでその後区のHPを見に行ったらどうやら同じ町内でも番地によって停電になる・ならないの対象が違ったらしい。
テレビではそこまで言ってくれないし、私はたまたま区のHPを見ることを思いついたので知りましたが、みなさんかなり翻弄されたと思います。
住んでいる地域のHPなどをぜひ見てみてください。

ちなみに今日からグループの時間帯が変更になっています。
東京のグループ分け¥PDFはこちら
第3グループ 6:20〜10:00 / 第4グループ 9:20〜13:00 / 第5グループ 12:20〜16:00 
第1グループ 15:20〜19:00/ 第2グループ 18:20〜22:00

グループや時間帯は日々違うかもしれませんので、毎日ご自分でも確認してください。
停電対象地域でも、直前に区のHPに「今日の計画停電は中止になりました」と表示が出たりするのでまめに見に行く事をおすすめします。

とはいえ、輪番停電が直前で中止になるのは需要が供給を下回っているから。
つまり私たちが節電しているおかげで停電にならずにすんでいるわけです。
ある程度は振り回されても仕方ないこと、停電になるもの、と思って常に心構えしておけば良いと思います。


幸い私の地域は停電対象外だったので、今の所電気が止まる事はなさそうですが、節電にはつとめています。
私の家は暖房などはガスなので、とりあえずやっていることといえばこのくらい。
●電気をつけるのは部屋の一カ所のみ。
●トイレの便座の保温機能は切る。
●使わない電気製品の電源は抜いておく。
●集合住宅の敷地内の外灯も最低限の照明に←これは理事長さんがやってくださいました。
マンションなどでは室内のことは気付いても、意外と外灯などは気付かないものです。
いろいろと節電できる箇所はありそう。

それから予備知識ですが、停電になったときの冷蔵庫の対処法が東芝のHPに載っていました。
当たり前のことですけど・・・
・(庫内の冷気が逃げないように)できるだけ扉の開閉を少なくしてください。
・(庫内温度を上昇させないように)できるだけ新たに食品を入れないようにしてください。

●停電予告があったとき
・温度調節を「強」にしてください。
・たくさん氷を作って貯えておいてください。
・蓄冷板や保冷材など、庫内温度を保つものを前もって冷凍しておくのもコツです。

私も先日魚市場で買った魚を入れてもらった発泡スチロールとか、クーラーバッグなどを用意して停電に備えています。
保冷剤は日頃から貯め込んでいるので数時間の停電なら大丈夫。


あと、TOTOのHPに断水・給水制限・停電時のトイレ使用についての解説ページがありました。
しかしツイッター上では
「普通にタンクを開けられるタイプのトイレなら、自分でタンクに数リットルの水を入れてレバーで流すほうが水流調整も要らず楽です。阪神淡路のときはそれで家族全員1ヶ月乗り切った。」
とのこと。
阪神淡路大震災を経験した方からのアドバイスです。なるほど。

それから電車の運行等についてはこちらのサイトが早い段階でまとめてくれるので便利かも。
こちらは今日(15日)のものなので、明日の分はまた日付が変わってから確認してください。


節電しつつもテレビとパソコンは立ち上げっぱなしです。
仕事したりブログ書いたりはパソコンでないとできないし、テレビのニュースもずっと聞いてないと落ち着かない。
あとはツイッターがかなり頼りになっています。
一人暮らしでもツイッターで言葉が交わせたりすると「一人じゃない!」って思える。
いろいろな情報も教えてもらえる。
私自身もこれからもツイッターやブログでいろいろと発信していこうと思います。
よろしくお願いします。
posted by yascorn at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57670176
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック