2011年03月22日

震災後の様々な対応いくつか

昨日書いた江頭2:50分さんについての記事、本当だったみたいです!
エガちゃんは結婚してほしい!と思ってたくらい好きだったので、さすが♡と更に惚れ直しましたよ。

ところで東北の大手製紙工場が被害にあって、用紙の生産に影響が...という噂を聞いてはいたのですが、実際記事になっていました。
新聞のような刷り部数が多い出版物は大変だと思います。
雑誌でも週刊少年ジャンプとかは発売を遅らせるとか。
とはいえ、じゃあすぐに電子出版だ!というわけにはいきませんが。

今もたまに読む週刊アスキーさんは、こんな記事を。

以下一部抜粋。
〜物流システムが回復していないため、週刊アスキーが届いていない地域が多数あるという報告を受けました。そこで今回、前号(3月14日発売の週刊アス
キー増刊号)から、東日本の物流システムが十分に回復するまでの間、全記事ページをPDF化し、公式サイト『週アスPLUS』にて無償公開することにしま
した〜

すばらしい!
でもこれはまだすぐに、というわけではないらしいです。
公開する際には週刊アスキーHPでお知らせしてくれるようです。

そんなうれしいニュースの中、こんな腹立たしい記事も。
なんとNHKが「放送法等の一部を改正する法律」と称して、テレビ以外のNHKからの放送を受信する物に対して全部受信料を払え!というのです。
こちらも一部抜粋。
〜携帯やカーナビはもちろん、今年の夏の終わりまでには、ケーブルテレビだろうと、ネットにつながっているだけのパソコン(テレビ機能無し)だろうと、と
にかくNHKからの映像が見えてしまうものを持っているやつら全員から、ごっそりと受信料を巻き上げることができるようになる。とくに会社や事務所は、パ
ソコンが置いてある部屋ごと、部課ごとに、個別に1件分として課金されるので、総計すると莫大な金額だ〜

しかもこの法律、震災後の3月18日に可決されたというのが更に腹正しい!!
今回の報道では「やっぱりNHKが一番だな」なんて思っていたのに...
記事全文はこちら

それから今最も心配な原発について。
歯に物がはさまったかのように、今、どうなるとどれだけのことになるのか、ということを東電は全然はっきり言ってくれません。
こちらに「最悪シナリオ」はどこまで最悪か。という比較的わかりやすい(それでもまだ難しいけど...)解説が載ってました。
それと同時にこちらも紹介。
「茨城・福島の牛乳 ほうれん草は無害だ」ヨウ素131の半減期は既に過ぎている」
農家の方々には本当に大変だと思いますが、なんとかふんばって欲しいです...


いろいろと書きましたが、最後に友達が作ったなごむアニメをどぞ。
posted by yascorn at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57670183
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック