2011年03月29日

東京液状化マップ

今日、スピッツのボーカルの草野さんが「急性ストレス障害」で倒れてしまった、とニュースにありましたね。
家にいるだけでもそういう状態になってしまう気持ちはわかります。
私も週末にちょこっと旅に出ていました。
旅行する気分ではなかったのですが、精神的にちょっと参っていたので思い切って行ってよかったです。

ところで旅先から妹の子供達が心配だったので、水を買って送ろうと思っていました。
東京では全然手に入らなくなってしまったので。
しかしすっかり忘れていて思い出したのが名古屋。
名古屋から送ればいいや、と思って大手スーパーなど目についた所に行ってみましたが、どこも水が完売!
あるいはやはり「ペットボトル1本まで」の制限あり。
なんで名古屋で!?
水道局も水源も全然違うし関係ないじゃん!!
とびっくりしました。


さて、今回東京・浦安市で起きた液状化現象。
ディズニーランドも今、CMを流していますが、かなりの被害を受けたものと思われます。
こちらに東京の液状化予測図というマップがあります。
これによるとやはり東京の東側、荒川や隅田川沿い、海沿いが濃いピンクで「液状化が発生しやすい」と書いてありました。
東京都都市整備局による「第5回地域危険度測定調査結果」はこちら。
建物倒壊危険度など、ランク付けされています。

埼玉・千葉・神奈川の液状化予測図はこちらにまとまっています。

それから津波や火山噴火など、ためになりそうな「防災基礎講座・災害の危険性をどう評価するか」というページがありました。
地盤液状化についてはここ


私もこの家に住む際、特に地下だったので浸水の「ハザードマップ」
けは気にしていました。
住む前年に善福寺川が大雨で氾濫して、マンションの1階まで水浸しになった、というニュースを見たからです。
ここは幸い危険度は一番低い地域だったので安心しました。
でもこれからは全ての災害のハザードマップを気にして見てみたいと思います。
備えあれば憂いなし!ですよ。
posted by yascorn at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57670186
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック