2010年06月05日

長野・オルゴール工場&博物館見学

昨日発売された小学四年生・7月号では長野県諏訪市にある日本一のオルゴール生産量を誇る日本電産サンキョー株式会社さんを取材させていただきました。
シリンダーオルゴール、ディスクオルゴールなどいろいろ作られているのですが、誌面ではシリンダータイプを紹介しています。
1006045
これがシリンダータイプ。一番良く見かけるオルゴールです。
1006046
箱に入れる際は一つずつ手でネジ止め。
繊細な物なので、手作業も多いのです。
1006044
工場見学の後は、三共さんの歴史的価値のあるオルゴールコレクションを展示している諏訪湖オルゴール博物館・奏鳴館へ移動。
館長の説明と共に貴重なオルゴールをいろいろと見せていただきました。
私は昔の貴重な手回しオルゴールに挑戦。
右隣の案内してくれた女性の踊りにも注目してください。

「もっと速く回してください!」と言われましたがこれが限界・・・メチャクチャ疲れます。
ダイエットにいいかも。

さてさて、この日はかなりの大雨で工場に行くのも次に移動するのもなかなか大変でした。
電車も1時間に1本しかないし、次へと急いでいるのに「この駅で16分停車します」とアナウンスがあったりしてびっくり。
なんだかのんびりしてますね。
こちらは上諏訪駅前。
山には遅咲きの桜がまだ咲いていました。
1006042
そういえば、ちょうど7年に一度の御柱祭の直前の時期でした。
惜しかった〜。
1006043
そうそう、諏訪湖オルゴール博物館は諏訪大社のすぐ目の前だったのでした!
雨だったので、目の前のタクシーにすぐ乗ってしまい、諏訪大社にお参りもしなかった・・・これも大変心残り。
それと行きの電車で初めて特急「あずさ8号」に乗ったので、うかれて写真をたくさん撮ったのですが、うっかりデータを消してしまったみたいで全部なくなってました・・・これが一番ショック。
お参りしなかった報いでしょうか・・・
上諏訪は初めて訪れましたが、犬神家の一族の舞台になったお屋敷やロケ地もぜひ巡ってみたいので、再度行ってみたいと思います。

電車については一切触れていませんが、オルゴールの仕組みがよくわかる小学四年生・7月号、よろしくお願い致します。
posted by yascorn at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57670341
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック