2009年02月28日

関東のすき焼き、関西のすき焼き

年末に忘年会で当てた極上松阪牛すき焼き肉が届きました。
私の家にはすき焼き鍋がないので、鍋を持っている友達の家へ訪問。
友人は野菜などを美しく切ってくれており、すでに準備万端でした。

実は私、自分ですき焼きを作ったことがありません。
お店でなら食べたことありますが、作ってくれるし・・・汗
実家ではすき焼きは豚肉でしか食べたことなかったので、大学卒業するまで「すき焼きの肉は豚肉」と思いこんでいました。
この話をするとたいてい「かわいそうに・・・」と同情されます。

さて、「まずは関西風で」と料理達人の友人。
関西風は、割下で煮込むのではなく、肉を焼くのだそう。
ジュッ!という音と共に脂の焦げるにおいが辺りに漂います。
もちろん脂は牛脂を用意。
焼けた所で醤油と砂糖で味付け。
肉を固くするコンニャクと一緒には入れない(知らなかった・・・)、水分の出る野菜を同時に焼かない、が鉄則らしいです。

うまいっ!
肉が良いせいもあるけど、段取りが良いとうまさが違う(気がする)。
あっという間に肉半分食べてしまいました。

さて、次は関東風。
醤油と砂糖が鍋にだいぶたまってきたので酒を足して今度はぐつぐつと煮込む。
これが関東風。

う〜ん、こっちもうまい〜。
肉が舌の上でとろけます。
デビューしたばかりの頃、すき焼きの高級店に連れて行かれて食べ慣れない高級肉数枚食べただけで気持ち悪くなったことなど思い出しました。
今の私では考えられませんが・・・

ところで私はうどんはだんぜん関西風!です。
関東と関西の味付けってどこが境界線なのでしょうか。
うどんもすき焼きも同じ場所??
だいぶ前に「探偵!ナイトスクープ」で各家庭でうどんを作ってもらって食べ歩き、地道に境界線探しをしていた気がしますが、結果がどうだったか忘れました。

食べ物を文章でおいしそうに表現するって難しいですね。
ひさびさに食べ物の描写が秀逸な池波正太郎を読み返そうかな・・・
この記事へのコメント
長距離トラックの運転手の証言では。「富士川を越すとうどんの汁が変わる」そうです。ちなみに北海道生まれの東京在住ですが、うどんは関西風の透明な汁が
良い。
Posted by 臭気判定師匠 at 2009年03月01日 10:27
>臭気判定師匠さまコメントありがとうございます!思わず富士川の場所を調べてしまいました・・・川などで土地が分断される所が境界線、というのは説得力
ある気がします。>かーそえさまコメントありがとうございます!関ヶ原の場所もよくわからないので即調べました・汗確かに名古屋は独特の文化が育ってます
よね。伊勢あたりまで名古屋圏としていいのかどうかも気になります。ちなみに伊勢うどんは私は口に合いません・・・
Posted by 杉木ヤスコ at 2009年03月02日 16:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57670859
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック