2008年11月16日

2008楽器フェア

ひさしぶりに新製品をチェックしに、楽器フェアに行ってきました。
今年の場所は池袋サンシャイン。

噴水広場ではさんまのからくりTVで有名になった山岸竜之介くんのバンドが演奏中。
テレビで見ていた時も感心しましたが、ほんとうまい&かわいい!
観客が大勢いましたが、心なしかお母さん率が高かった気がします。
母性本能をくすぐるんでしょうね。

まずはローランドブースから。
こちらは叩くと音が出て映像が切り替わるパッド。
私のユニットY&M☆OでKATのMIDIマリンバをパソコンにつなぎ、MAXというソフトでプログラムを組み・・・と、労力とお金をかけてやっていたことがいとも簡単に出来るのです。
テクノロジーに頼る音楽やパフォーマンスって報われないなぁ。
もちろん大切なのは中身、表現の内容なのですが。
目先のすごさに誤魔化されてそこまで気づかない人も多いのが現状。

こちらはALESISブースでのMIDI尺八。
土佐さんが欲しがってましたが、吹く顔が怖いのでやめた方がいいとアドバイスしました。

楽器フェア初出店の学研・大人の科学ブースでは12月18日発売のテルミンPremiumが展示されてました。
また絶対買ってしまう・・・

ポスターには見たことのある兄弟が。

モリダイラ楽器ブースでは本物のm00gテルミンが展示されてました。
当たり前ですが、やっぱりこちらの方が全然安定しています。
扱いやすさも違うけど、値段も違う。

子供向けおもちゃ。かわいい〜☆
自分のキャラで作りたい。

ヒョウ柄カバーのオルガン。
どこを狙っているのか・・・・
しかしかつて私の家中の無機質な物をこのようにした時期がありました。
パソコンに牛柄カバー、テレビに星柄カバーとか。
そうすることによってなぜか途端に機械に愛着がわくのが不思議です。

弾けるフリ。
すぐ側に河合大介さんがいました・・・汗

買おうとして忘れていた鈴木楽器のアンデス25F。
ピアニカみたいな物で、笛の音を奏でることができます。
和音が出せるらしいです。

最近はテレビなどでも見かけることのある、ケロミン。
かえるのパペットにテルミンを合わせた楽器。
パペットのように手を入れて口を開いていくと音階を奏でます。
意外といろんな音が出せてMIDIも使えるのです。
どう使えばいいのか思いつかないけど・・・

楽器フェアを堪能した後、トイザらスへ。
あっケロミン!と思ったらただのかえるのパペットでした。
安いと思った。
posted by yascorn at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57670908
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック