2008年08月17日

新築マンション&エコ

実は中古マンション以上に新築マンションはかなりの数を見て歩きました。
その辺の話も長くなるのでそのうち詳しく書こうかと思っていますが、とりあえず先日TV東京の番組・WBSで取り上げられていたマンションが私の好きな建築会社が建てた物だったのでそれについて書こうかと思います。

テレビで取り合げられていたのは「エコヴィレッジ志木」というマンション。
「リブラン」という会社が手がけています。
http://www.livlan.com/shiki/

エコヴィレッジというマンション名の通り、マンション全体が自然と共存および自給自足できるように作られているのです。
ベランダには菜園用の様々な設備が整えられ、家庭菜園が作りやすいようにできています。
主にゴーヤやトマト、なすなどはここで作れるそう。
屋上には住人のための共同菜園。
枝豆やさつまいもなど作っているそうです。
収穫時期には週末に2〜3世帯ずつ順番に収穫するそうです。
自分たちの家でそれだけの物が作れるってあこがれです・・・

で、私とこの建築会社との関係ですが、新築マンションを見て歩いた時に、一番親切で親身になってくれたのがここの営業の方でした。
元々この会社の社長が音楽好きだということで、防音完備のマンション「MUSISION」(ミュージション)というマンションを建てた時にまず興味を持ちました。
http://www.musision.com/

かなりの防音がほどこされたマンションで価格的にも高めです。
観に行くことはできませんでしたが・・・
最近は賃貸物件もかなりあるようですね。
販売された時は私の友達のミュージシャンの間でもかなり話題になりました。

そういうこともあって「おもしろいことをする会社だな」というイメージが付いた矢先、こちらの新築マンションの物件をたまたま紹介されました。
何カ所か見せてもらい、そのうちの一つは大変気に入ったのですが、私が住みたいと思っていた希望の場所からは結構離れていました。
やはり場所は妥協できない、と断りましたがその後も営業の方は熱心に私の希望に近い物件をいつも紹介してくださいました。
どのマンションも「エコ」を意識していて、「緑のカーテン」など気軽に作れるような仕組みになっていました。
その頃はまだ屋上庭園がある物件は少なかったですが・・・
エアコンはあまり使いたくなかったので、「エアコンを極力使わないように」と考えられた素材や間取りも良かったです。
物件は練馬〜埼玉地方が多いので、場所でやはり妥協できなかったのと、ファミリー向き物件が多いのとでどうしても折り合いが付きませんでしたが、都心のワンルームで屋上庭園付きなどの物件があれば買っていたかもしれません。
未だに「家族がいればこういう所がいいな〜」と思ってしまうマンションです。

そうそう、その営業の方は、自分の会社が建てたマンションを買って住んでいるそう。
この会社はそういう方が多いらしく、まだマンションを買ってない営業の方も「買うならうちの物件がいいです」と話していました。
私は物件を勧められる際、担当営業の方に逆に「どんな所にお住まいですか?」とたまに質問しましたが、ここの方が一番本気な感じで良かったです。
ちなみにかなり大手の建築会社物件で新築マンションを勧める営業の方に同じ質問をしたら
「う〜ん、うちの物件は高いのでとてもとても・・・買うとしたら、◯◯あたりの中古ですかね」
それじゃダメだろ〜!・・・と突っ込みたくなる答えでした。
posted by yascorn at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 家(お宅訪問・取材)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57670951
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック