2012年04月03日

僕達急行・ロケ地ツアーに行ってきた!〜その2〜

実は旅に出る直前、私の僕急キャラでシネコンという角川の雑誌に4コマまんがを2本載せることが急に決まり、なんとその締め切りが3日後に迫っていました。
とはいえ、さすがに楽しみにしていた旅をキャンセルはできず。
描くだけならそこまで時間がかからないのですが、今回はラフ(ネーム)のチェックに時間がかかるのです。
今回のキャラクターで何かするには私と映画会社だけでなく、プロデューサーや各事務所の方にも見てもらわなければならず、その返事に1週間以上かかることも。
私はこの時、まだネタをなんとなく頭の中では作っている状態でした。

で、仕事で同乗していた映画会社の担当の方が博多まであと1時間というところで
「今(新幹線に乗っている間)なら事務所の方、プロデューサー、全員いますよ」
と、突然教えてくれました。

え〜〜〜〜!!それ、早く言ってくださいっ!!!

旅先で仕事するつもりで道具は持ち歩いていましたが、そこから猛然とラフを描き始めた私。
「まもなく終点、博多です」というアナウンスが流れ始めたところでなんとか描き上げ、映画会社の方に直接手渡しました。
ぎ、ギリギリ間に合った〜!!!
こんなところでも締め切り地獄が待っていたとは...汗

描き上げたラフは3本、その場で全員に見てもらい、そのうち2本を選んでもらいました。
森田監督の奥様であり、今回のプロデューサーでもある方に「おもしろかったわよ」と言われ良かったです。
ボツになった1本はこちらの右側のネタ。
実際には描きませんでしたが特別に公開☆
DSC_rahu.jpg
読めるかな?
採用ネタはブログで一部紹介しておりますが、実際に読んでくださった方はボツネタも更に楽しめるかと。

ふう、新幹線で下向いて集中していたせいで、ちょっと酔っちゃったよ...フラフラしながら降りたらちょうど角川の方から電話。
「デザインしたいのでラフが欲しい」と言われ、携帯で撮ったこの写真をそのまま送りましたw
スマホはちっとも使いなれなくて好きになれないのですが、写真の解像度が良くてこんな風に使えるのは便利ですね。

〜つづく〜
posted by yascorn at 10:58| Comment(1) | 旅(鉄道)

2012年03月30日

僕達急行・ロケ地ツアーに行ってきた!〜その1〜

すでに1ヶ月以上前のことになりますが、今公開中の映画「僕達急行 A列車で行こう」のロケ地ツアーというのに参加させてもらいました!
いろいろなサプライズもあって、と〜っても豪華なツアーでしたよ。

まずは品川プリンスシネマで出演者舞台挨拶付きの試写会に参加。
試写会は実は二度目なのですが、大きなスクリーンで観たせいか、二度目の方が更におもしろく感じました。
森田監督独特の間の取り方やカメラワーク、音の使い方に慣れた感じ。
何度でも観たくなりましたよ。
 
で、上映が終わって松山ケンイチさん、瑛太さん、貫地谷しほりさん、ピエール瀧さんが登場!すごい豪華!
特に貫地谷さんの美しさにクラクラ〜☆
更にアクティ役のジュンさんとユーカリ役のデイビット矢野さんも登場。
出演者のみなさん、ほのぼのした雰囲気のトークで森田監督の人柄が感じ取れました...

さて、ここまで写真が全くなくて申し訳ない。
いよいよ品川から新幹線に乗って移動の始まりです。
IMGP6125.JPG
ロケ地というのは今回、九州なのです。
そう、新幹線で博多まで行くんですよ〜。
「え〜!5時間も乗ってるなんて信じられない!」という人もいそうですが、鉄にとっては当たり前☆
IMGP6126.JPG
団体用乗車票って始めて見た!
いや〜、団体行動なんて何十年ぶりだ・汗
IMGP6127.JPG
最近、電光表示板の文字がすごくカラフルでくっきりしてますよねー。
いつから機器変えたんだろう?
新幹線の中ではお弁当を食べたり、クイズ大会など。
いろいろなグッズをもらいました。
僕急台本風ノートとタンブラー!うれしい☆
IMGP6171.JPG
そしてここでサブライズゲストが登場!
IMGP6133.JPG
アクティ&ユーカリさんたちも同乗してたんです!
実は二人とも日本語めちゃくちゃペラペラなのですが、むしろ英語が話せないそう。
映画ではカタコトに苦労した、など相変わらずおもしろいトークで引きこまれました。
サービス精神旺盛で、全員に握手やサインなどしてくれましたよ〜。
ところでアクティ役のジュンさんって数年前、いいともの素人コーナーに出てたよね...?

あ、私の左下に写ってるのはこのツアーに私が強引に誘った乙幡啓子です。
売れっ子ライターなので知ってる人も多いかな。

が、サプライズはこれだけではなかった!
このあと、な、なんと・・・松ケンさんと瑛太さんが登場!
実はお二人、私達と一緒に品川から隣の車両に乗って(もちろん貸切)マスコミ陣からインタビュー受けたりテレビ・雑誌の撮影をしたりしてたのです!
そしてなんとみんなで記念撮影〜!!!
この様子は翌朝のテレビなどで流れていたので、観た方も多いのでは?
僕急サイト「NEWS」のページ、2012/02/22にもレポートが出ています。
私もちょっこし写っているよ。探してみてね☆

さて、そんなこんなであっという間に時間が過ぎ、あと1時間で博多に到着〜。
仕事のことなど微塵も思い出さなかった私ですが、な、なんとここから大変なことになるのです!

〜つづく〜
posted by yascorn at 12:53| Comment(1) | 旅(鉄道)

2012年03月11日

東武鉄道・スペーシア試乗会☆その2

鬼怒川温泉ホテルではお昼をいただきました。
妹と18年ほど前に鬼怒川に旅行したのですが、確かこちらに泊まったような気がします。
記憶が定かでないですが...なんとなくロビーに見覚えが。
IMG_4750.JPG
日光といえば湯葉!(2回目)おいしかったです〜。
そしてタオルが渡されたので?と思っていたら、温泉も入ってよいとのこと!
え〜!あと30分しかないけど...で、でも入るっ!
IMG_4754.JPG
ホテルの温泉、内湯から露天側を望む。
鬼怒川の温泉は無色透明で単純温泉、弱アルカリらしいです。
IMG_4762.JPG
こちらの露天、いい感じ!
IMG_4764.JPG
露天風呂から下を見下ろすと、雪が残る鬼怒川が見えました。
川の音に心が洗われます。でもまだかなり寒かったです...

再びバスに乗って駅前に移動、ほどなく乗り換えて日光東照宮に向かいます。
乗り換えの間に駅前の足湯へ。
IMG_4769.JPG
こちら無料!
時間が空いたらぜひ活用したいですね。
IMG_4770.JPG
さて、バスで1時間ほど移動しているうちにだんだん雲行きが怪しくなってきました・・・
今回、知り合いも何人か同行しているのですが、そのうちの一人の方がものすごく雨男なのです!
なぜか雨・嵐・運行休止など、偶然というにはあまりにすごい方です。日光に到着した途端、これだ。
IMG_4802.JPG
・・・思い切り、その方のご利益?・・・猛吹雪です。寒いっ!!
IMG_4794.JPG
カメラのレンズに雪が〜!
IMG_4790.JPG
中に入ろうか迷いましたが入場料高い...1年半前に来たばかりだし、いっか。寒いしね←1番の理由。

日光金谷ホテルが集合場所だったので、雪の中歩いてホテルへ。
道はよく覚えていたのでなるべく近道で戻ります。
IMG_4806.JPG
と、三仏堂の前を通るとなぜか書割状態??
IMG_4808.JPG
えっ三仏堂の周りに足場が立てられて、施設見学できたの!?
し、知らなかった...!これはめちゃめちゃ観たかった〜涙
IMG_4813.JPG
神橋も雪の中。
景色がまるで水墨画のよう!
寒い中、しばし立ち尽くして見とれてしまいました。
IMG_4825.JPG
やった〜ホテル到着。相変わらず素敵☆
IMG_4833.JPG
二階のラウンジでチーズケーキと紅茶をいただきました。
暖かいところでホッと一息。。
う〜ん、おいしい!ここの紅茶はすごく好き。
IMG_4829.JPG
一年半前、ここに友達と泊まってちょうど手前のテーブルで夕食をいただいたのでした。
フレンチのフルコース、おいしかったです。
その時のブログは...あ、あれ?まだ書いてなかった・汗
秋の紅葉の時期に来て、とっても良い時間を過ごせたのですが...
昨年も全く旅ブログ書けてなくて、ものすごく溜まっています。
い、いずれ書く...かな?汗

さて、私は金谷ホテルのパンを買って帰る、というのを一つの目的にしていました!
売り切れると困るので、しっかりロイヤルブレッド2斤、予約しておいたのです。ふふふ☆
IMG_4821.JPG
ちなみにこちらはホテルの坂の下にある金谷ホテルベーカリー。
こちらの建物も素敵です。
どちらも置いてあるものは同じですが、ホテルの中の方がパンが多く残ってました。
そして今回のおみやげ、ジャーン!
IMG_4845.JPG
なんと、ツアーのおみやげに金谷ホテルのパン、チーズロードを一斤いただきました!
うれしい〜〜!!
丸い筒状のがチーズロードです。
ダイスのチーズがゴロゴロ入っていて、おいしいです。
四角いのがロイヤルブレッド。
一斤は友達にプレゼントしました。
このパンは持つとずっしり来るのですが、焼いて食べるとめちゃくちゃ軽くていくらでも食べられちゃいます!
ほんと大好き。
知りませんでしたが、なんと昨年、神楽坂に金谷ホテルベーカリーができてたんですね!
買いに行こっと。
それから右下が金谷ホテルの紋入り足袋靴下!
前回来た時も買いましたが、友達へのおみやげに最適なのです。
IMG_4846.JPG
そしてこちらは自分へのおみやげ。
帰りの東武日光駅の売店で買った東武電車鉛筆、かなりいいです!
スペーシア(リニューアル前ですが)、りょうもう、TJライナーの3種類が2本ずつ入っていて、四角い鉛筆の全面、上下左右にちゃんと車体がプリントされているのです!
濃さが2Bというのも良い。
なんでこれスペーシア車内で売ってなかったんだろ??
IMG_4841.JPG
それから東武鉄道さんに、スペーシアの布バッグもいただきました!わーい☆
裏もワンポイント水色の印刷が入っててかわいいんです。
至れり尽くせりの試乗会、ほんと楽しかったです。
ありがとうございました〜!
posted by yascorn at 16:03| Comment(0) | 旅(鉄道)

2012年03月08日

東武鉄道・スペーシア試乗会☆その1

昨年末リニューアルした東武鉄道の特急スペーシア。
私にとっても馴染み深い場所、浅草から鬼怒川温泉を運行している路線です。
そのリニューアルした車両に乗ってみよう!という試乗会に一月程前に参加しました。

車体カラーは紫色の雅、淡いブルーの粋、サニーコーラルオレンジの3タイプ。
この運行表、とってもわかりやすい!・笑
なんとこの色あわせ、元々私の好きな色ばかりなのですが、今の部屋の色と同じ組み合わせなんです。
後ほど証拠写真アップしますね。

さて、その日は朝10時発のきぬ109号に乗って鬼怒川温泉に向かいます。
なんとソラカラちゃんと駅長がお見送り!
IMG_4694.JPG
ロゴがめちゃかわいい!やっぱり好みだわ〜☆
IMG_4731.JPG
「I」の文字がスカイツリーになってます。
言わずもがな、昔から日光・鬼怒川は東照宮や温泉など人気観光地、そして浅草はスカイツリーでこれから更に観光客が増えるであろう場所。
その2つを結んでるってすごい路線ですよね。
さて、座席はこんな感じ。
カバーがマルチ柄でポップな印象。
IMG_4729.JPG
作り自体はほとんど変わってないような...リニューアルは車体のカラー、シートカバーなどが変更になっただけみたいですね。
とはいえ、列車の旅は楽しい!
こちらはコンパートメント(個室)で、向かい合わせであと2つ座席があります。
こちらもカバーが変わりましたね。
IMG_4700.JPG
向かい合わせの4人がけシートはめちゃ広く、テーブルもあって、空調調整や室内の照度調整なども付いててほんと快適そう。
わ〜、友達4人とだったらぜひこちらに乗って宴会しながら日光向かいたいなぁ。
宴会、というのも昔からこのスペーシアには売店があるんです☆
IMG_4713.JPG
車内販売ももちろんあるのですが、来るまで待たずとも、こちらに直接買いにくればいいのです。
しかもなんと!生ビールがあるっ!!←重要
IMG_4719.JPG
駅弁はもちろん何種類もあるのですが、おつまみも豊富で、けっこうしっかりご飯が食べられます。
IMG_4721.JPG
それにしてもちょっと驚いたのは自販機のドリンクの値段!
IMG_4715.JPG
170円はちょっと高すぎですよね?
あちこちの列車に乗ってますが、ここまで高いのは初めてみた。
どうしてこの値段設定になったのか知りたいところです。
スペーシアの印象は良いのに、こんなとこでマイナスになるのはもったいない。

さて、売店で何か珍しいものはないか物色し、豆腐アイスを買いました。
IMG_4711.JPG
日光といえば湯葉、とうふが名産なのもわかります。
そして栃木のいちご、とちおとめ。
私もほぼ毎年栃木にいちご狩りに行ってますが、このアイスは初めて見ました。
味は...ほんとにとうふ!おいしい!
特にバニラ味がとうふそのものでした!
いちごの方もいちごの味がしっかりしてて、とうふ感は少ないものの、やっぱりさっぱり。
かなり気に入りました。

そしてその後もちろん私は大好きなグッズチェック☆
何があるかな〜?
IMG_4720.JPG
むむむ・・・私の好きなクリアファイルやノートなどの紙モノがない!
文具はなぜか定規だけ...
ぜひ、スカイツリーとその下を走るスペーシアのイラストのクリアファイルとか、ノートとか作ってほしいぞ。
なんだったら私が描きますけれども?笑
このスペーシアの色合で3種類とか作れば、相当かわいいと思うけどなあ。
IMG_4745.JPG
飲んだり食べたり歩きまわったりしていたら、あっという間に鬼怒川温泉駅に到着しました。
およそ2時間。
正直もっと乗っていたかった〜笑

なんと駅ではこんなお出迎えが!人だけでなく、
IMG_4736.JPG
日光仮面や鬼、
IMG_4737.JPG
東武ワールドスクエアのキャラや日光江戸村の方々が!
IMG_4739.JPG
それにしても鬼???
IMG_4740.JPG
不思議に思いましたが、駅前にもこんな鬼が。
IMG_4767.JPG
こんな鬼も。
IMG_4772.JPG
鬼怒川、だから鬼なのね...たぶん。
でもキャラとして特徴出すの、難しそう。
私だったらこんな鬼キャラを作るかも...などとしばらく妄想。
つい職業病?が出てしまうのでありました・笑
IMG_4748.JPG
駅前で待っていたバスで、まずは鬼怒川温泉ホテルに向かいまーす。

〜つづく〜
posted by yascorn at 14:57| Comment(0) | 旅(鉄道)

2011年01月20日

北海道〜その12〜 札幌観光・4

構内を堪能した後は、植物園へ。
植物園は大学キャンパスからちょっと離れた所にあります。
歩いて行ける距離です。
Img_1217
かなり広い土地を所有しているのですが、冬なので、温室のみしか見れませんでした。
残念。
Img_1224
室内はそれなりに植物達が。
Img_1226
毒々しい花も。
Img_1232
蓮の花は大好きです。
Img_1235
かつて家にもあったサボテン。
枯れたけど。
Img_1249
花に癒されたひと時。
Img_1238
しかしこちらも一部工事中で、あっという間に見終わってしまいました。
また改めて夏時間に来たいと思います。

そこから更にてくてく歩いて大通公園方面へ。
札幌は番地がわかりやすいので、だいたいの場所の見当はつきます。
Img_1250
歴史的建造物もたくさん。
Img_1251
その中で最も有名な札幌時計台にやってきました。
こちらは旧札幌農学校演武場として使われていた場所。
時間があったので、時計台の中に入ってみることに。
前に入ったことあったかな・・・?覚えてないな・・・
Img_1259
と思いつつ二階に上がってから、かつて来たことを思い出しました。
あまりに何もなくて全く記憶になかったのでした・汗
調べてみると1階が教室と実験室、2階が演武場兼講堂だったようで、ほぼそのまま残しているのですね。
Img_1255
端っこに申し訳程度に時計の仕組みが。

今回の旅は、なぜか北海道大学関連を巡る旅となりました。
仕事先へのおみやげに「札幌農学校クッキー」を配ったのですが、何の説明もしなかったので意味がわからなかった方がほとんどかと思います。
実はこういうわけだったんです・・・

おわり。
posted by yascorn at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2011年01月18日

北海道〜その11〜 札幌観光・3

さて、続いては同じく構内にある総合博物館へ。
Img_1209
北海道大学の前身、札幌農学校が1903(明治36)年、現時計台あたりから現キャンパスへ移転した際、こちらの旧理学部本館の建物も移築され、北大(札幌農学校)創立125周年を機に総合博物館となりました
全体は中世様式でデザインされていて、歴史的建造物となっています。
Img_1203
建物中心の階段付近が見事。
Img_1207
美しいラインです。
Img_1184
古びた空間が博物館然としていて、静物に合ってます。
Img_1185
いろいろな研究や展示がありますが、骨格標本コーナーが一番印象に残りました。
Img_1186
昨日食べた羊の骨。
これ食べたわけじゃないけど。
Img_1187
馬の骨格を正面から見るってなかなかない。
細い。
Img_1195
恐竜の骨格標本もありました!
Img_1201
すごい迫力!
大学にこんな資料がたくさんあるってすごいですよね。
この広い環境と施設でのびのびと研究できれば、確かにノーベル賞も穫れそうです。
posted by yascorn at 13:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2011年01月17日

北海道〜その10〜 札幌観光・2

地下鉄に乗って中島公園から北八条駅へ。
Img_1169_3
なんか北海道の車両の幅って東京より広い気がするのですが、気のせい?
Img_1168
降りたらまだ雨が降っていました。
しかも旭川より全然寒い!
折りたたみ傘をトランクに入れてホテルに置いてきてしまったことをうらめしく思いつつ、ひたすら歩きました。
お腹も空いたのでまずはスープカレーの有名店、心へ。
Img_1170
暖かい汁物が食べたかったのでちょうどよかった。
一番のおすすめ、骨付きチキンのスープカレー・850円を食べました。
Img_1171
味は・・・悪くはなかったですが、札幌一番人気と聞いていたのでちょっと拍子抜けしました。
前に行った札幌ドーム近くにあるアジアンバー・ラマイの方が感動したなぁ。
ちなみにスープカレー心は下北沢にもあります。
アジアンバー・ラマイも数年前に横浜スタジアムの横に出来ました。
オーナーが野球好きなのか?

さて、雨がちょっと小降りになってきました。
体が暖まってなんとなく余裕が出てきましたよ。
次の目的地は北海道大学
入ったことなかったのでキャンパスをプラプラ歩いてみようかと思ったのです。
Img_1173
キャンパス入り口にはこんな看板が。
そうでした。おめでとうございます!
Img_1174
構内は広いので、車や自転車移動がほとんど。
Img_1211
広すぎるので、バスも走ってます。
Img_1176
学食ものぞいてみました。
めちゃ安・・・ってほどでもありませんでした。
味はどうなんでしょう?
Img_1177
購買ものぞいてみました。
クラーク博士のグッズなどが盛りだくさんでしたが、おみやげにするにもどうかな?と思い、結局何も買いませんでした。
知らない人はいないと思いますが、こちらがクラーク博士。
Img_1213_2
しかし最後まで買おうか迷ったのがこれ!
Img_1179
今の時代、なかなか見られなくなったテイスト!
角度を変えると立体に見える写真画像です。
ハガキサイズでハガキとして出す事も可能。
しかし一枚472円もしたので買いませんでした・・・
このパターンでいろいろな絵柄がありましたよ。
お好きな方はおみやげにぜひ☆
北海道大学の購買部で売ってます。
posted by yascorn at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2011年01月14日

北海道〜その9〜 札幌観光・1

翌朝起きて、市内を散歩することにしました。
順番が前後してますが、この日がイルミネーション点灯の日。
帰りの飛行機は東京最終に近い時間だったので、夜までかなり時間があります。
Img_1133
ホテル至近の「すすきの市場」。
覗いてみたら、みなさん急がしそうに朝の準備をしています。
Img_1136
一般人も買い物したりしていいのかな・・・?
いつも勝手がよくわからず、通り過ぎちゃう場所です。
さて、てくてく歩いて着いたのは中島公園。
池にはかもがいっぱい。
寒いだろうに。
Img_1148
それを黒猫が狙っていました。
Img_1146
公園の中には重要文化財の豊平館などがあります。
Img_1143
中に入ってみました。
現存する最古のホテルとして明治に建てられ、こちらに移築されたそうです。
明治天皇、大正天皇、昭和天皇の泊まられたホテルとしても有名。
現在は結婚式場として活用されているそう。
Img_1152
階段がいい感じ。
Img_1158
シャンデリア、きれいだな〜と見ていたら「各室のシャンデリアを釣ってある天井のメダリオンは、入江長八の作といわれている。」とのこと。有名だったんですね。
Img_1161
外に出たら空模様があやしくなってきました。
Img_1164
公園横にある渡辺淳一文学館に着く頃にはけっこうな降りに。
雪になってくれればいいのに〜。
こちらは例によって安藤忠雄先生が建てたというので、外観だけ見にきました。
雨が更に強くなってきたので急いで地下鉄駅へ向かいます。
Img_1138
途中、物件情報が。
なんと土地付き一戸建てが998万円で買える!?
え〜!!!
でもよく見たら札幌のけっこう郊外でした。
しかし東京と比べると破格だなぁ・・・東京が高すぎなのか。

いずれ北海道に移住するという夢はまだまだ捨てませんよ。
posted by yascorn at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2011年01月11日

北海道〜その8〜 札幌で一人ジンギスカン

昨年末に途中でほったらかしになっていた札幌の続きを書きまーす。
Img_1106
泊まったのは毎度おなじみスーパーホテル。
札幌で泊まるのは初めてでしたが、ビジネスホテルの中ではやっぱりスーパーホテルが一番いいな。
ちなみに場所は札幌・すすきのです。
Img_1110
ミニキッチンがついたこういう部屋タイプは初。
このタイプはお風呂がなく、シャワールームのみ。
私は部屋のお風呂でもお湯ためて入浴剤入れるのが好きなので、これはちょっと残念。

さて、何度となく来た札幌ですが、一人で過ごしたことはありませんでした。
美味しい物がたくさんあるのに、一人でお店に入るのはちょっっと・・・と躊躇してたら何も食べられない!
Img_1111
というわけで、ジンギスカのだるまに来てみました。
う、う〜ん・・・カウンター、満員でした。
一人で列に並ぶのはさすがに気がひけるわ。
というか、昨年人生で初めて一人で牛丼屋に入った私が、一人でジンギスカン屋に入れるんでしょうか!?
Img_1118
ということで、支店の方へ。
こちらはカウンターがポツポツ空いている様子。
自分に考えるヒマをあたえないようにドアをすばやく開ける。
中に入ったら慣れた感じでコートを従業員クローゼットの中へ。
あ、言い忘れましたが、だるまに来ること自体はこれで5回目です。
なので勝手知ったる、ではあったのでした。
Img_1112
そして念願のジンギスカンに再会!
相変わらずあまくておいしい〜!!
札幌に来てこれ食べないで帰ったら後悔の嵐です。
Img_1115
メニューはこんな感じ。
支店は生ビールがあるんですよね。
でも私はサッポロワインが出してる生葡萄酒。
東京でも売ってほしい。
赤ワイン飲みながらのジンギスカン、うまうま〜☆
Img_1117
私が入った後、カウンターはすぐ埋まってしまいました。
ちょうど良いタイミングだったみたい。
とはいえ、一人客は少ない・・・ましてや女一人なんて私以外いません。
お肉はもちろんおかわりし、お酒もおかわり。
最後のたれはもちろんお湯で割ってもらいました。
牛丼屋のつゆだくのボタンがなくて焦った私ですが(どうやって頼むのか知らなかった)これは知ってました。えへん。

さてさて、お腹いっぱい。
ご飯は食べなかったのでラーメン屋はしごできるかな・・・?
あ、ラーメン屋に一人で入るのは平気なのです。
Img_1122
とりあえずラーメン横町を通ってみよう。
Img_1124
どこがおいしいんだろう・・・
Img_1128
旭川でさんざんラーメン食べたので、そんなに食指も動きませんでした。
やっぱりやめとこ。
あと私、味噌ラーメンが苦手なんですよね。
Img_1120
すすきのにも山岡家があるのね。

後日友達に「一人でジンギスカン行った」と話したら「すごーい!」と感心されました。
男性でも一人では行けない、という人も。
ツイッターで写真撮りながら実況中継のように書きこみしたら、けっこうみんな反応してくれて、食べながらの返信で忙しかったりして間が持ったんですよね。
書きこみしてくれたみなさん、ありがとう!
あとは「旅の恥はかき捨て」という心境でした。
東京で一人焼き肉は未だにできない私ですよ。
posted by yascorn at 02:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2011年01月08日

お座敷列車☆初体験

昨年のクリスマスイブ・・・初体験をしました。

実は、前々から乗ってみたかったお座敷列車に初めて乗る事ができたのです!
その前日まで仕事、そして26日から忘年会続きで忙しかったのですが、ちょうど24&25日だけぽっかり予定が空いていました。
するとなんとたまたま鉄道仲間?から、24日のお座敷列車のチケットが余ってるんだけど、とお誘いを受けたのです。
ラッキー!予定埋まってよかった〜☆

「お座敷東金号」の運転区間は両国駅 ⇒ 成東駅(東金線経由)およそ1時間40分。
私は東金線自体も初体験。
買い出しの分担をして、両国駅に向かいます。
通常の総武線のホームでなく、特別な時だけ使うホームからの出発です。
ホーム入り口には赤絨毯が・・・ワクワク感が高まります。
Img_1752
この列車がお座敷東金号。
普段はニューなのはな号、として走っている列車です。
Img_1758
ホームでおでんなども売ってました。
心なしかみなさん浮かれ気味です。
Img_1757
窓からのぞくとこんな感じ。
掘りごたつみたいになっていて、テーブルが長く一列に。
食べ物・飲み物は全部持ち込みです。
Img_1760
くつを脱いで上がります。
隣のテーブルでは宴会はすでに始まっていました。
Img_1781
私たちのグループ7人もお寿司やケンタッキーやお酒、ケーキを並べます。
ケーキは私がアテスウェイで買ってきました。
ここのケーキ、ほんとおいしいんですよ〜。
Img_1765
宴会を始めたら、列車が発車しました。
線路は途中まで通常の総武線なので、過ぎ去るホームには帰宅途中のサラリーマンがたくさん。
写真写り込んでてわかりにくいですが。
Img_1775
車内の人たちは浮かれてホームを過ぎる度に手を振っていました。
なんだと思われてるでしょうね。
Img_1773
車掌さんも靴を脱いで回ってきます。
Img_1774
揺れる電車でお酒飲むと、結構酔っぱらいます。
掘りごたつ風な足下は実際暖かいので眠くなってきてしまいました。
Img_1788
とか言ってるうちにもう終点の東金に到着。
早過ぎる!もっと乗っていたいのに・・・

駅の周辺は真っ暗。
月がきれい。
Img_1799
帰りは普通列車で戻ります。
行きのお座敷列車は満員でしたが、終点まで来る人は少なかったです。
普段、この路線を通勤に使っている人が気分転換にお座敷列車に乗ったり、同じ方向の人同志でちょっとだけ飲みながら帰るなど、途中で降りてしまう人が多いのです。
なんで往復のお座敷列車しないんだろう?と思ってましたが、そういう理由なんですね。
Img_1789
帰りはボックス席を選んでみんなで宴会の続きをしました。
しかしお酒が大量に余った・・・持って来すぎ!
楽しかったのでまたみんなで乗りたいです。
posted by yascorn at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年12月24日

北海道〜その7〜 さっぽろホワイトイルミネーション

メリークリスマス☆
というわけで、さっぽろホワイトイルミネーションについてクリスマス当日に書く事になってしまいました・汗
イルミネーションは大通公園は1月2日までやっていますが、ミュンヘン・クリスマス市は今日までなのです。
情報遅くてすみません〜。

さて、こちらイルミネーション会場の大通公園。
まだ15時半なので、点灯されてません。
Img_1272
点灯式は17時。
それまでミュンヘン市をプラプラと見る事にしました。
Img_1269
会場には冷たい小雨が降ってきました。
うう、旭川より寒い〜!
ホッカイロを置いてきてしまったのが悔やまれます。
Img_1278
お!マトリョーシカ。
一気にテンションが上がって一瞬寒いのを忘れました。
私がこの店の一番最初の客になってしまいました。
Img_1277
私はマトリョーシカやスノードームを集めているのです。
とはいえ、自分が気に入った物しか買わないですよ、もちろん。
こちらはこのお店の方達。
日本語話せます。
Img_1280
中には「これ、まずいのでは?」と思うような物も多数。
買わなかったけど。
Img_1273
他にもスノードームのお店も。
こちらはオーストリアの老舗、スノーグローブ社製のスノードーム。
100年以上続いている老舗です。
その割に値段安く売ってました。
こちらの市は、海外でも直接買い付けのせいか、全体に値段設定が安いみたいです。
4_m_2
私がこの2店で買ったのはこちら。
手前の赤いスノードームは札幌時計台で買ったもの。
スノーパウダーの大きさや、質感、落ちる速度も本物とは全然違います。

さて、そろそろ点灯式です。
あまりの寒さに、会場ではなくテレビ塔に登って見る事にしました。
点灯されるところ、どうぞ。
横位置ですみません。

外が見えるエレベーターは怖かったですがイルミネーションはやっぱりきれいでした。
Img_1295

Img_1296

Img_1297
下に降りてみると・・・
Img_1307
サンタさん発見!
Img_1311
かわいい。
Img_1329
食べ物もいろいろと売っています。
テレビ局も取材に。
Img_1314
私もホットワインを買ってメリークリスマス!
Img_1322
温かさが体に染み渡りました。
posted by yascorn at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

北海道〜その6〜 旭川駅にて2

札幌までは特急スーパーカムイが30分に一本出ていて便利。
Img_1055
しかし私はこれには乗りません。
私が選んだのは特急オホーツク。
網走の方から走ってくる、一日に2本しかない列車です。
なんと先頭車両がディーゼルカーだと聞き、わざわざこれに乗ることにしたのです。
Img_1091
となりの普通列車との対比がきれい〜。
めっちゃ好みの色合いです。
Img_1093
デザインも好きだ。
Img_1094
洗面所のカクカクした感じも好き。
Img_1097
座席は意外と普通でしたが・・・
乗り心地はガタガタしていた気がします。
Img_1099
こんな景色を見ながらのんびりと札幌に向かいました。
Img_1100
posted by yascorn at 04:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年12月23日

北海道〜その5〜 旭川駅にて

さて、旭川駅。
どうやら新駅舎にするべく工事中らしいのですが、第一弾の工事は終ったようです。
Img_1045
こちらが新しい改札口。
Img_1048
その前に、札幌までの切符を買うため、裏側にあるみどりの窓口へ。
ふとその前に、小さな売店がありました。
入り口も目立たず期待しないで入ったのですが・・・
なんとここでしか買えない旭川駅限定グッズがこんなに!
Img_1033
旭川鉄道高架開業記念として、いろいろなグッズが出ていました。
なんと地味な記念でしょう・・・
切手は北海道の鉄道が80円×10枚で2000円、鉄道羊かんは北海道の鉄道を模した箱が10個入っています。
Img_1401
中でも気になったのがピンまんじゅう。
ピン??
どうやら橋の根元に丸い突起があって、それがピンというようなのですが・・・
「ホームに行くと一部が見られます」とまんじゅうの箱に書いてあったので行ってみました。
Img_1069
しかしどれかわからず、駅員さんに聞いても「さあ・・・?」と言われてしまい。
Img_1080
そしてよくよく考えてみてわかったことが、どうやらこの柱の下にその「ピン」とやらが埋まっているらしいこと。
つまり見えない部分なのです。
う〜ん、そんなの無理矢理まんじゅうに合わせて名物にして良いものか・・・?
posted by yascorn at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年12月22日

北海道〜その4〜 旭川ラーメン

旭川ラーメンといえば東京でも一時期結構流行りましたよね。
私もカップラーメンの旭川ラーメンで、はまった物がありました。
そのせいで、旭川ラーメンといえば魚介だし+とんこつしょうゆ、というイメージだったのですが、どうやらお店によって全然スープが違うようです。

そういえば昨夜飲んだ後の〆に、ここ「まつ田」でラーメンを食べたのでした。
Img_1029
夜中に空いてる店がここしかなかったこともあり。
Img_1028
種類は醤油・塩・味噌などいろいろと。
味は・・・まあ、可もなく不可もなく、といったところでした。

そして翌日。
今日は一人で札幌に移動して一泊する予定です。
Img_1030
その前に、おいしいラーメンを食べておきたい!
Img_1032
駅前のメインストリート、平和通り買物公園近くにだいたいのラーメンやが存在します。
何年か前に一度行った有名店「梅光軒」は私にはあまり合いませんでした。
魚介だし(特に鰹だし)が濃いのはあまり好きじゃないんですよね。
武蔵系とか。
Img_1037
今回はここ、「青葉」に行ってみました。
Img_1039
カウンター10席ほどの小さなお店。
お昼時のせいか、次々人が入って行きます。
私が入った時はちょうど1席空いていてすぐ座れました。
ラーメンは同じく正油・塩・味噌など。
やはり旭川ラーメンの定番ってないのかな?
とりあえず基本であろう、正油を頼みました。750円。
Img_1041
のりがかわいい!
そして味は・・・

う,うまい〜!!!
麺もスープもチャーシューも全てがバランスよく、とくにスープがメチャおいしい!
私にしてはめずらしく、全部飲み干してしまいました。
これだよ、これ!旭川に期待していたのは!
と思えるラーメンに出会えて本当によかったです。
旭川のイメージが私の中で一気にアップしました。

あと一カ所、「蜂屋」というラーメンやが気になっていたのですが、はしごする余裕がなかったのであきらめました。
こちらはなんと東京の神楽坂に支店があるのです。
ちょっと変わり種っぽいですが、今度行ってみようと思います。

そうそう、こういう内容書くと「ダイエットは?」と聞かれそうですが・笑
ラーメン食べる前はちゃんと野菜ジュース飲んでますからね〜☆
posted by yascorn at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年12月19日

北海道〜その3〜 旭川の夜

動物園取材が終わり、ホテルへチェックイン。
今日はほぼ寝ずに朝一の飛行機で来たのでしばし仮眠。
起きてから夜の街に繰り出しました。
しかし旭川の夜はめっちゃ寒い。
気温は−4度とか。
Img_1003
街角に石焼き芋屋さんが点々と。
食べたい、というより焼き芋で暖をとりたい感じです。

食事は居酒屋 天金 、独酌 三四郎など周りにリサーチしいろいろと候補が挙がったのですが、結局大舟という居酒屋に決めました。
Img_0998
こちらは店内にずらりと有名人の色紙が飾ってあります。
蒼々たる方達が訪れているようです。
Img_0997
江原啓之さんやら。
Img_0996
岡本太郎さん!これはポイント高し。
Img_0995
今日取材させていただいた旭山動物園の園長、坂東さんもいらっしゃったようです。
Img_0988
鹿のお刺身とか、
Img_0991
ジンギスカンの唐揚げ、海の幸などたんまりいただきました。
おいしかった!
Img_1004
旭川も大きくはないですが、繁華街がちらほら。
私以外、メンバーは男性なので、スナックに行こうということになりました。
そういえばスナックめぐりが好きな玉袋さんが旭川のどこかのスナックをおすすめしてたなあ・・・調べてくればよかった。
Img_1002
この雑居ビルの中にある
Img_1006
こちらに入ってみることにしました。ドキドキ。
Img_1008
店内には客は誰もいません。
ビル全体が静か・・・まあ平日ですしね。
店内にはコスプレポスターが。
Img_1016
ママさんはなかなかおもしろい方でした。
調子に乗って私もスナックのママデビュー。
楽しい夜を過ごしました。
posted by yascorn at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年12月16日

北海道〜その2〜 旭山動物園へ

旭山動物園の続きです。
Img_0865
う〜ん、気持ちよさそう。
Img_0923
シロクマはメスが今出産準備で一緒にいないのでさびしそうでした。
Img_0911
ライオン。
めっちゃこっち見てる。
Img_0949
かもしかもめっちゃ見てる。
目が合うと言えばこちら。
Img_0930
レッサーパンダ〜!
Img_0854
この子達がたまにトコトコと頭の上の橋を渡ります。
Img_0929
下から見上げていると、たまに橋板の間から目が合うのです。
それがなんともかわいらしい〜!
肉球もバッチリです☆
園長も下から見るのをおすすめしてました。
Img_0963
うわっっこの手はなに!?と思ったら・・・
Img_0965
裏はこんな感じでした〜。
ちょっと怖。
Img_0976
先ほどはチンパンジーでしたが、こちらはオランウータン。
この子がとてもかわいかった!
ほ乳類の子供ってなんでこんなにかわいいんでしょう。

そうそう、先ほど旭山動物園ブログで、二年ほど前からチンパンジーのエサに冬期限定メニューとして『長ネギ』を与えているが、なんとその効果で風邪をひかなくなったとのこと!
食べ物効果って本当にすごいですね〜。
ダイエットの時ももちろんですが、食事ってほんと大切なんだな、と実感しました。
posted by yascorn at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年12月13日

北海道〜その1〜 旭山動物園へ

九州のネタはまだまだあるのですが、せっかくなので一番最近行った北海道のことを書こうと思います。
今回は旭山動物園への取材がメイン。
取材日に旭川に一泊し、その後自費で札幌に移動し一泊して帰る、という予定。

5時台のリムジンバスに乗って羽田へ。
とってもいい天気の日でした。
富士山がこんなにくっきり!
Img_0802
美しい・・・
Img_0816
こちらは津軽海峡を越えて函館が見えてきたあたり。(確か)
飛行機は苦手なのですが、景色がきれいで眺めていたらあっという間でした。

さて、旭川空港に到着。
空気が澄んでいます。
気温は2度ですが、そんなに寒く感じません。
タクシーで動物園まで移動中、右手に大雪山が見えました。
Img_0824
ここは小説「氷点」で有名な三浦綾子を生んだ地。
こういう場所で書かれたのですね・・・

さて、旭川の旭山動物園に到着。(←ややこしい)
Img_0827
以前一度、友達と旭山動物園へ来たことがあったのですが、その日は夏時間の最終日で、ものっすごく寒かった日でした。
そのイメージがあったのでホカロンなどメチャ持って行ったのに、一つも使いませんでした・・・ホカロン、結構重かったよ。
Img_0835
しかし池には氷が張っていました。
たいていの動物は冬時間の間は室内のみの生活です。
Img_0845
こちらは北海道特有の「おんこ」の木。
私が北海道に住んでいた頃も家に小さなおんこの木がありました。
この赤い実があまくておいしいんです。
心臓病に良い、という噂も聞きました。
よくふざけて「うんこ」の木と呼んだりするのは子供の間では定番。
Img_0878
ペンギン達は冬でももちろん外で。
あっよく見たらみんな目つぶって寝てる!
雪が降ればペンギンの散歩が見られるのですが、この時はただじーっと体力温存してました。
Img_0888
水の中を飛ぶように泳ぐペンギン。
こちらの360度水槽は圧巻です。
一番最初に動物の行動展示を始めた旭山動物園、なぜそういう経緯に至ったのか、どういう仕組みなのか知ってから行った方が楽しさ倍増ですよ!

〜つづく〜
posted by yascorn at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年12月09日

軍艦島へGO! その3

かつてこの島は今の東京より人口密度が高かったとか。
Img_5347
鉄筋コンクリートで作られた建物がまだ少なかった頃の日本で、全ての建物がそうだというのがすごい。
Img_5365
でもコンクリートってどのくらいの年数持つんでしょう。
ここは人が住まなくなって、手入れもされていないからこのような状態になったのだと思うのですが。
Img_5352
植物だけが生きているのがかえって廃墟感を漂わせています。
土がない島なので尚更。
学校の屋上にも緑があるの見えますか?
Img_5366
ちなみに動物は住んでいないそう。
カモメやとんびだけが空を舞っています。
Img_5416
再び船に乗り込み行けなかった島の裏側の方を回って帰路につきます。
こちらからだと祠が見えますね。
Img_5375
祠アップ。
人々が去ってもこの島を守ってくれているのでしょうか。
Img_5384
けっこう離れての大回りです。
Img_5389
おお!こちら側からだとさらに軍艦に見えます。
動画もどうぞ。



船から降りて、駆け足気味に駅まで。
福砂屋でカステラを買い、駅でも自分用のおみやげを買って慌てて特急かもめに乗り込みました。
あれ?白いソニックだったっけ?
Img_5435
デザインはもちろん水戸岡鋭治さん。
内装も豪華です。
Img_5448
しかしこのシート、高級感はあるのですが、おしりがつるつるすべります・・・汗
Img_5444
駅で買ったもの。
Img_5447
時間がなくて長崎ちゃんぽんが食べられなかったのが心残り。
おみやげで買って家で作ることにしました。
左のは駅売店の魚屋のお惣菜コーナーで買った長崎の白身魚のさつま揚げ。
これが激ウマでした!
魚の名前忘れてしまった・・・聞いた事ない名前だったので、「これなんですか?」と聞いたんだけど。
長崎特有の魚でした。もち魚だったかな〜?

あ、ビール飲んだりカフェオレ飲んだりしてますが、これはダイエット前ですからね!
posted by yascorn at 15:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年12月07日

軍艦島へGO! その2

さあ、軍艦島の全貌が見えてきました!
Img_5261
遠くからの方がわかりやすかったですが、確かにシルエットが軍艦のよう。
戦艦「土佐」に似ているとのことから、軍艦島と名付けられたんですよね。
軍艦島について詳しくは「軍艦島を世界遺産にする会」へどうぞ。
昔の島の写真などがふんだんに載っています。
Img_5264
みなさん船から身を乗り出して到着を待ちこがれています。
もちろん私もその一人。
Img_5269
こちらから上陸しまーす。
Img_5274_2
THE 廃墟です。
こういう所に来ると、ワクワクドキドキでほんと興奮☆
Img_5268
真っ先に見える崖の上のアパートがすでにかっこいい。
Img_5281
その右手側は学校だったようです。
写真には写ってませんが、よーく見ると屋上に滑り台などの跡がまだ残っています。
ところで私もそうでしたが、軍艦島上陸、勝手にあちこち歩き回れる・・・と思っている方も多いのではないでしょうか?
実は舗装されたコンクリートの道、500メートルほどしか歩ける部分がないんです。
Img_5284
こんな感じでガイドさんの説明と共に移動します。
その合間合間に写真撮る感じ。
正直ちょっとがっかりしましたが・・・よく考えたら危険だし、勝手に歩き回れるわけないですよね。
世界遺産暫定リストに掲載されてからもどんどん崩れている箇所があるという話も聞きました。
Img_5289
ガイドさんはお年を召した方も多く、何を言っているか聞き取れない部分もしばしば・汗
でも質問したことは答えてくださいますし、持っている過去の写真ファイルと現在の様子を見比べたりさせてくれるので、近くにいて聞いていた方がいいです。
Img_5286
あとはひたすら写真を撮る。
Img_5319
撮る。
Img_5302
こちらの地下は炭坑の仕事を終えて入る方達のための共同浴場だったそう。
お湯はいつも真っ黒だったとか。
Img_5291
ズームでも撮ってみよう。
しかし私の持っているG10ではこれが限界。
Img_5313
高そうで大きいレンズの一眼レフカメラを持っている方達がとても多く、ちょっとうらやましくなりました。
でもいいんです、私はG10が好きなのです。
写真もムービーもこれで撮る!

〜つづく〜
posted by yascorn at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年12月05日

軍艦島へGO! その1

福岡へ仕事に行ったついでに私は一人長崎の軍艦島まで足を伸ばしてみました。
軍艦島(正式には端島・はしま)はかつて炭鉱としてにぎわった長崎にある島で、1974年に無人島となり廃墟化していますが、昨年世界遺産暫定リストに掲載されてにわかに賑わっている島です。

唐突に行くことを決めたので、軍艦島までの船の予約にちょっと手間取りました。
まずは長崎の観光サイトで船の会社を調べ、比べた結果、一番臨機応変に対応してくれそうなやまさ海運さんに申し込むことに。
他は先に振込しないとならなかったり、当日の対応窓口が開くのが遅かったりで、私のような行き当たりばったり旅には向いてないようでした。
福岡に泊まって朝長崎に移動しなくてはならないので、天候によって運行中止になったりしないよう、事前にどれくらい空きがあるか聞き、当日改めて予約することにしました。

さて、当日。
朝起きてすぐにやまさ海運に電話すると
「朝はちょっと波が高かったけど、晴れているしこちらは昼間に波がおだやかになってくるのでほぼ大丈夫でしょう」とのこと。
軍艦島への上陸ためには風や波などの安全基準を満たしていることが条件になっていて、上陸できる日は年間100日程度と言われているのです。
結構な確率ですよね。
とりあえず今日は大丈夫そうだったので、移動の時間を考えて午後の便を申し込みました。
さて、JR特急かもめに乗って長崎へ2時間ちょっとの旅。
急いでいたので車両写真撮れなかった〜涙
車内ではこんなおやつを食べました。
Img_5208_2
バタークリームとあんこの組み合わせがおいしかったです。
車窓を眺めていたら、あのバス停が!!
Img_5215_2
いちごのバス停。
Img_5216
メロンのバス停。
わかりますでしょうか?
私は地方に行く時に、必ずB級スポットを探すのですが、このフルーツバス停は立ち寄るほどではないか、とスルーしたのですが・・・詳しく調べたら改めて巡りたくなってきました。
詳しくはこちらのサイトに乗ってます。

さて、長崎に到着〜。
Img_5227
何度も言ってますが、市電の走る街は好き☆
この船で軍艦島まで行きます。
Img_5231
かっこいい。
Img_5243
橋が途中まで作られていました。
人間の力ってほんとすごい。
Img_5246
「こんなに波が穏やかなのはめったにない」と言われたわりに、かなり揺れている船で1時間、やっと軍艦島が見えてきました!
島の間に見えるのがそうです。
Img_5252
船には小さい子も乗っていましたが、船酔いしやすい人にはけっこう辛いかもしれません。
一応カメラを手すりに乗せて押さえていたものの、かなり揺れて臨場感溢れる動画をどうぞ。
posted by yascorn at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年11月05日

福岡へGO!13 〜門司港レトロ その4〜

自転車で海を渡る方法、それは船!
Img_8457
普通の乗車券にプラス200円で自転車を乗せてもらえます。
Img_8462
とは言っても行き先によって乗せてくれる船と乗せてくれない船があるので(あと台数制限も)気をつけてください。
さて、私はこちらに乗ります。
Img_8461
自転車はこのようにタラップの台の所に斜めに安定させて乗せます。
倒れないか心配でしたが、結構大丈夫でした。
しかし手入れしないと自転車すぐ錆びそう・・・
Img_8467
さあ、また戻って来ました。
船着き場から門司港駅まではすぐ。
このまま門司港レトロを巡ります。
Img_8471
こちらは三井倶楽部。大正10年(1921年)に建築。
Img_8485
中の様子。
他は食堂などになっています。
Img_8476
これはJR九州第一庁舎。
昭和11年建築。
Img_8489
旧大阪商船。
大正6年(1917年)に建てられたものを修復。
Img_8492
こちらは、はね橋「ブルーウィングもじ」。
1時間に一回、開橋します。
その間は20分間通れません。
Img_8497
写真を撮っていたらうっかり開橋してしまい、私は20分待ちました・・・
遠回りすれば向こう側に行けるのですけどね。
このはね橋、11月29日〜23年1月31日の間は工事で通れないそうです。
あちらこちらリニューアル中なのですね。

この日はものすごく暑くてビールを一気飲みしたい気分でしたが・・・
Img_8502
これで我慢。
Img_8503
そして自転車を返却し、再び電車旅に戻ります。
posted by yascorn at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年11月04日

福岡へGO!12 〜門司港レトロ その3〜

自転車で下関市街に向かうと右手にこんな鳥居が連なった神社が。
Img_8425
急な階段にクラクラきて、そのまま通り過ぎてしまいました。

そして今度は赤間神宮という神社にさしかかり、なんとなく気になって立ち寄ってみました。
Img_8432
ん?この表示は・・・?
どうやらこちらは「江戸時代までは安徳天皇御影堂といい、仏式により祀られていた。平家一門を祀る塚があることでも有名であり、「耳なし芳一」の舞台でもある。」とのこと。
その通り、平家のお墓が狭い所にいくつもありました。
更に耳なし芳一の木彫りの像も。
昼間なのになんだか寒気がして、お参りしてそそくさと退散。
耳なし芳一の話はアニメ日本昔話の中でも特に怖くてたまらなかったのです。
未だにアニメ正視できないかも。

さて、だいぶ街中に近づいた所でお腹が空いたので、市場に行ってみました。
Img_8437
こちらは唐戸市場と言って、一階は魚市場がずらりと、二階は食堂がいくつか入っています。
Img_8435
回転寿しはかなり混雑、他も相当混んでいました。
なんとか営業時間ギリギリにこちらのお店に入れました。
Img_8441
どうやらかなり有名なお店のようで、芸能人のサインが所狭しと貼られていました。
Img_8440
私が頼んだのは海鮮丼。
ああ、今食べたい・・・

さて、満ち足りた所で再び街を走ります。
こちらは郵便局。
Img_8447
いい雰囲気の建物です。
Img_8451
あちらは海峡ゆめタワー。
Img_8454
キリンが。
Img_8456
下関市立しものせき水族館 「海響館」
時間がなくて中には入りませんでした。
ちなみに全国で訪れた水族館の中で私が一番好きなのは鳥羽水族館です。
さあそろそろ海を渡って再び門司港に帰ろうと思います。
しかし関門トンネルの人道は使いません。
さて・・・?

〜つづく〜
posted by yascorn at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年11月03日

福岡へGO!11 〜門司港レトロ その2〜

ジャーン!関門海峡めかり駅前で自転車を借りました。
Img_8391
潮風号の切符は片道300円なのですが、レンタサイクル付き切符というのが500円で買えます。
あ、借りるには一応身分証明などが必要なので忘れずに。
借りられる時間は2時間、と制限されていましたが、おじさんが「まあ、店が閉まる17時までに返してくれればいいよ〜」と言ってくれました。
自転車を返す場所はここ関門海峡めかり駅前でなくても、あと二カ所あるレンタサイクルの店に持って行けば良いことになっています。
しかも電動アシスト付き自転車!
初めて乗りましたが、らっくらくですね〜。
さっそく海沿いに向かって走ります。
おお関門海峡の関門橋、かっこよす!
Img_8395
しばらく佇んでしまいました。
Img_8403
さてさて、これからここを渡ります。
とはいっても橋を渡る訳でも船で渡るわけでもなく、海の底を渡るのです!
Img_8397
こちらが関門トンネル人道入り口。
Img_8408_2
まずはこのようにエレベーターで下に降りて行きます。
そして・・・
Img_8410
おお!ここが海の底のトンネル!
かなり長いです。
パネルに長さ約780m、深さ海面下約56mと書いてありました。
人はたま〜に行き交う程度。
そのうちほとんどがウォーキングやジョギングの人でした。
そしてそして!
ここが!
Img_8417
ババーン!福岡県と山口県の県境!!!
海面下約56mの所で県境を歩けるなんて!
感動しました。
意味なく自転車をまたいで置いてみたり。
人がいない隙に反復横跳びしてみたり。
ひさびさに体力消耗しました・・・
Img_8418
ちなみにこのトンネル、人は無料ですが、自転車などは20円払います。
下関側人道口から出て、山口県側から見た関門海峡。
Img_8424
眺めが違う感じがしますね。
そうそう、このトンネル、今年の12月17日まで工事してるようです。
リフレッシュされた新しいトンネル、また通ってみたいですね。

さて、ここから下関市街に向かいます。
結構距離があるので、自転車か車を利用した方がいいです。
下関からまた門司港に戻らなくてはならないのですが、私はどうやって戻るのでしょうか?

〜つづく〜
posted by yascorn at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年11月01日

福岡へGO!10 〜門司港レトロ その1〜

門司港へは今年、二度行きました。
二度目に巡ったルートを紹介します。

九州鉄道記念館の前に、小さな駅があります。
それがこちら、門司港レトロ観光トロッコ列車 【潮風号】です。
Img_8348
わずか4駅、10分ほどの短い汽車旅です。
Img_8351
窓ガラスはなく、座席がこのように配置されてます。
自由席なのでお好きな場所にどうぞ。
Img_8379
運転席、かっこいい。
Img_8354
私は一両めの一番後ろに座りました。
天井に何か絵が描いてあるけど良く見えないなあ。
Img_8359
と、ボーッとながめていたら、トンネルでこんな仕掛けが!
Img_8369
乗っていた子供達、大喜びでした。
Img_8381
終点で恒例の顔出しパネル記念撮影。
Img_8382
見たよーな絵。
Img_8389
降りてみたところ、こんな車両が。
旧型客車・かんもん号というそうです。
Img_8376
反対側にはタコもいました。
さて、これから自転車を借りて関門海峡へ向かいます。

〜つづく〜
posted by yascorn at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)

2010年10月29日

福岡へGO!9 〜九州鉄道記念館 その4〜

水戸岡さんのデザインもとても好きだけど、昔の車両デザインもほんと好き。
こちらは京阪神と九州を結んだ世界初の電車寝台特急「月光」
Img_2144
座席のシートを一段倒して寝台に。
かなり疲れそうだけど、画期的。
Img_2197
洗面台のデザインもいいなあ。
Img_2203
国鉄ED72形電気機関車。
Img_2213
時代を感じます。
Img_2216
こちらはEF10 35 1941年製造。・・・と書いてあった。
Img_2217
さて、これが今回の一番の出会い。
キハ07 41 1937年製造。
Img_2138
中はレトロでかわいいです。
Img_2139
もっとこういう電車に乗りたかったなあ。
Img_2211
熊本県の肥後小国〜大分県の豊後森を走っていました。
Img_2210
あ、何が出会いなのかというと、なんとこの数ヶ月後にこの電車が走っていた宮原線の廃線後を歩く旅に出る事になるのです。
この時は全く知る由もありませんでした・・・その話はまたいずれ。
posted by yascorn at 20:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 旅(鉄道)