2011年04月11日

玄関のドアの塗り替えをしました

とはいっても私が自分でやったわけではありません。
昨年末の総会で、ドアまわりの塗装がはげてきたり錆びてきたりしてだいぶ見栄えが悪くなっていたのが問題になり、業者さんに頼むことにしたのです。
ところで私の住んでいるコーポラは途中から自主管理になりました。
やはり管理会社まかせだと何かと雑なことやお金がかかり過ぎることが多かったので・・・
理事をやってくださっている方がちょうど建築関係のお仕事をなさっているので、今では清掃やその他もたいていその方に御願いしてしまってます。

マンションなどでもそうですが、ドアは家の外側で、共用部となるので勝手に塗ったりできないのです。
ちなみにベランダなどもそうなんですよね。
これが塗った後。
Img_3492
ドアの内側も。
内側は共用部ではないのですが、錆やはがれが若干内側まで続いていたので全体でやってもらいました。
Img_3491
こんなにきれいになりました!
実は塗る前の写真を忘れてしまったんですよね・・・すみません・汗
家のドアは白いので、サビやはがれが目立っていました。
他の家は元々の色地のグレーのままにしている方が多く、その方がやはり更に上塗りしていない分、はがれなどがあまりなかったです。
ドアは好きな色に注文できたのですが、さすがに赤や黄色はみんな遠慮して(?)そういう色指定する人はいませんでした。

ちなみにドアとその枠の間のこういう部分が・・・
Img_3493
こんな風にはがれたり錆びたりしていたわけです。
Img_3495
↑この写真は家の階段。
さすがに家の中で錆びはないけど。
階段は自分でどうにかしないとね・・・

ちなみにペンキのあまりをもらおうかと思ったのですが、ドアに使ったのは油性ペンキで室内で使うにはにおいがキツいので、水性ペンキを使った方がいいよ、
と言われました。
いつやろうかな。
posted by yascorn at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 家(自宅)

2011年03月25日

難しい地震保険

日々テレビから震災・原発関連のいろんな情報が入ってくるのであまり翻弄されないよう注意しています。
テレビを見なければいいんでしょうけど、ずっと家で仕事してるので、やはりついつけっぱなしに。
あ、他は節電していますよ。
かといってテレビつけないのも不安になってしまう、という症候群。
そういう方が多いかと思いますが、私はなんとか日常を取り戻しつつあります。

昨日またうれしいニュースが。
「赤坂プリンス約700室、最大で約1600人分という規模で、株式会社プリンスホテルと共同で、解体が始まるまでの3カ月間(4月1日〜6月30日)、一時的に避難施設として開設することにした」

今月で閉めてしまう赤プリ、そうなればいいな〜と願っていたのでうれしいです!
赤プリは昔一度だけ最上階のラウンジに初日の出を観に行ったな〜。
泊まったことはありません。

そし江ノ島水族館にアクアマリンふくしまから引き取られたゴマフアザラシのブログ。
ちょっとずつホッとすることも増えています。


ところでみなさん、地震保険入ってますか?
個々の家で入る地震保険って難しいですよね。
私も説明聞いてよくわからなかったのと、掛け金がかなり高くなるのとで火災保険だけにした気がします。
ただ、この火災保険では地震による火災や災害などは補償されない、ということだけ覚えています。
地震による火災は地震保険じゃないと保証されないのです。
しかし地震保険に入っていたからといって、万が一住宅が壊れたとしても、全壊か半壊かはその判定する人の胸一つ、と聞きました。
調べたらこちらに簡単に説明がありました。

これから地震保険に入ろうという方も多いかと思いますが、よくよく規約を読んでから契約してくださいね。
posted by yascorn at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 家(自宅)

2010年06月17日

漫画家にローン

猫にコバン。
猫にごはん。

昨日の続きになりますが、今日半年ぶりに更新された吉田戦車さんの連載「日本語を使う日々」でショックな一文がありました。
奥さんで漫画家の伊藤理佐さんと中古の家を買い、ローンを組むくだりで「メインバンクにしている大手銀行は貸してくれなかったのである。」とあったのです。
大御所のお二方が!?
え〜〜!!!
ツイッター上で吉田先生と「漫画家に対して世間の風は冷たいですね」などとやりとりしていたら、他の大御所漫画家の方から
『漫画家さんは「10年ローンなら」と言われることがあるそうです。
初対面の銀行マンに「 あんたの作家生命、もってあと10年」と言われたようで大変不快だそうです。』
という書き込みも。

と、とりあえず、がんばろうっと・・・汗
posted by yascorn at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 家(自宅)

2008年08月14日

中古マンション考 〜その3〜

そしてその帰り道、同じ街で土地が売りに出ていました。
ものすごく狭く細長い土地です。
「もしかしたら同じくらいの予算で狭小住宅が建てられるのでは・・・?」と思い、その足で別の大手不動産屋さんに行ってみました。
担当の方は貫禄のあるおじさんで、いかにもこの道●十年という感じの方でした。
「う〜ん、ここは家は建たないねえ。仮店舗としてすぐ壊せる建物を建てて、商売するには使えるけどね」と言われてしまいました。
建築条件が厳しいみたいです。
とりあえずそれはすぐあきらめ、これこれこういう条件で家を探してます、と伝えました。
「わかりました。条件が合う物が出たらFAXします。」
と言われましたが、そこからはとうとう一度もFAXが来ることはありませんでした。
対応の口調は丁寧だったのですが、そこの人も「こいつが買うのかよ?」みたいな態度が出ていたように思いました。

それから数日、午前中に家のインターホンが鳴りました。
2階の窓からそっとのぞいてみると・・・なんと最初の不動産屋の熱血若手社員くんでした。
出たくなかったので居留守を使うと、しばらくしてあきらめて帰ったようでした。
後でポストを見たら、物件の間取り図と手紙が。
「先日の物件はご縁がなく残念でした。またいろいろと条件に合う物件が出て来たのでご案内にあがりました。いらっしゃらないようなのでまたお伺いします」というような内容が書かれていました。
家にまで来るなんて・・・!とビックリしました。
その不動産屋から家までは車で30分以上はかかります。
ある意味一番熱心で、相手にしてくれていたのはここだけだったのですが・・・
私は家探しに疲れすぎて、しばらくほっておいて欲しい状態にありました。
が、一週間後くらいに、私が留守にしている間に再び家に訪ねてきた形跡がありました。
今度は特に手紙などもなく、玄関に名刺がはさんであるだけ。
なんだかそれを見てゾ〜ッとしてしまい、ふと女性が一人で家を買ったという内容の本を立ち読みした時のことを思い出しました。
女性が他のマンションを買うことにしたので最初の不動産屋の物件を断ったら、赤字で「あのマンションは呪われている!」などと書かれた物件チラシにがポストに毎日のように投げ込まれていたとか・・・(うろ覚え)
やはり女性一人って怖い思いをしたり、なめられたりすることが未だに多いんだと思います。
毅然とした態度で立ち向かうにはかなり勇気もいりますが、一生に関わることですから・・・

私はその後、最初の希望の街からちょっとはずれますが、今の家が同じくらいの予算で建てられると知り、これに決めました。
同じ値段・広さだったら中古よりは新築を選びますよね。
時間に余裕が出て来た今は「中古マンションを自分でリフォームしても楽しそうだな・・・」と思えるようになりましたが、その頃は無理でした。
自分で「家を買う!」と決めたことだったのに、ものすごく追いつめられていました。
あの時の判断が合っていたかどうかは未だによくわかりませんが・・・汗
みなさんも時間がある時によ〜く考えて決めた方がいいと思います。





「都会は高い!」と諦めない!
posted by yascorn at 16:30| Comment(1) | TrackBack(1) | 家(自宅)

中古マンション考 〜その2〜

この頃は家から一歩も出ず、睡眠時間が毎日1〜3時間くらいという状態で、案の定一週間の間にその部屋を見に行くことはできませんでした。
あまりに椅子に座り続けていたためにまったく腰がのばせなくなり、激痛でやむなく病院で筋肉弛緩剤の注射を売ってもらったのもこの頃です。

さて、きっちり一週間後、「どうしますか?」と不動産屋から電話。
どうしますって言われても・・・家にいるまま決められるわけないじゃん!!と思いつつ
「すいません、あと3日待ってもらえますか?3日後にはなんとかもう一度見に行けると思うので・・・」
あちらはかなり渋りましたが、なんとか譲歩してもらいました。

そして3日後・・・今度は妹を連れて見に行きました。
今の私はまじでフラフラでまともな決断ができないと思ったからです。
で、部屋は私としても再度見てもときめかなかったし、妹にも「あまり良い感じがしない」と言われ、結局やめました。
不動産と恋はほんとに似ています。
もし一目惚れしたとしても、再度冷静になって会ってみると、なんか違う・・・と感じることも多いと思います。

で、不動産屋さんに「すいません、やめます」と伝えると、「ええっ!買ってもらえると思ったから取り置きしておいたのに・・・」みたいなことを言われ、更にいろいろ説得しようとしてきて怖かったです。
「探す気(買う気)あるんですよね?」とまで言われ、なんとなく嫌な雰囲気で不動産屋を後にしました。
しかしみんな本当に一週間で家を決める事ができるのでしょうか?
前々から知っていた場所・部屋ならまだしも・・・
不動産屋さんの押しが強くて買ってしまう人も多そうです。

その後、同じ街の別の大手不動産屋さんの広告をネットで見て、気になった物件があったので一度電話してみました。
そしたらなんと先日見たマンションの上の階!
値段がかなり高かったのですが、あのマンションに縁があるのかな・・・?と一応見てみるだけ見てみようと行ってみました。
とりあえず1階の入り口で待ち合わせることにしたのですが・・・
約束の時間になってもそれらしい人はいません。
しばらくして携帯でベラベラしゃべりながら歩いてくる若いお兄さんがやってきました。
一度電話を切ったと思ったら、また別のところにかけしゃべり続けていました。
しかしその人以外に人がいないので、15分ほど過ぎたあたりで「あの〜」と話かけてみました。
するとやはり、その人が不動産屋さんだったのです。
あまりの態度の悪さに「もういいです」と帰ろうかと思いましたが、部屋を見ずに帰るのも気が引けたので一応見てみました。
しかし人の第一印象が悪いと物件にも影響するというか・・・まったく良いと思わず、その人も私を見て「買うわけないな」と思ったのか説明もおざなり。
さっさと帰りました。

〜つづく〜


デキる営業マンを見極める方法
posted by yascorn at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 家(自宅)

2008年08月11日

中古マンション考

私もコーポラに決める前に、中古マンションを考えたことがあります。
その時は住みたい場所にあるかなり大手の有名不動産にまず出向いてみて、そこで希望に添う物件の間取り図を見つつ、相談しました。
するとすぐに2〜3件の物件を紹介してくれました。
私の担当は若手のまあまあイケメンの熱血くんでした。
さっそく車で何カ所か見学に行きました。

一つ目は広いのですが、築35年のかなり古い物件です。
しかし管理はちゃんとしている様子がわかり、悪くはなかったのですが2階でギリギリ道路から見えてしまう高さだったのと、リフォームするにも梁や配管がかなり複雑そうでやめました。
ちなみにその不動産やはリフォーム部も持っていて、リフォームの見積もりも一緒に出してくれました。
「でもうちのリフォーム部は値段が高めなので、見積もり見て他に依頼した方がいいかもしれません」と親切なことも言ってくれました。

二つ目ははまだ築浅でしたが家族が住んでいて、条件より駅から遠く、子供が小さい家庭だったので室内もボロボロ。
しかもおそらくローンが返せなくなったらしく売りに出したようで、暗い雰囲気が漂っていました。
もうしわけないですがとてもこういう物件を買う気はしません。

私が希望していた地域はかなり人気の地区なので、今条件に合う物件はそれしかないと言われました。
また希望物件が出ればすぐ連絡しますとのこと。
その日は家に帰りました。

さて、ちょうどその頃はブログを始めるちょっと前くらいですが、仕事の忙しさが人生ピークに達していた時期でもありました。
さっそく次の週くらいに不動産屋から連絡が来ました。
「駅近で広さも条件もかなり合うと思います!しかももうすぐリフォームが済む所でまだ他の不動産会社に回してない物件なのですぐ見に来てください!」
かなり仕事を無理して翌朝行ってみました。
駅からはなんと2分!
それはいいのですが、窓からの景色が隣のビル・・・しかもダサダサのリフォーム。
「う〜ん、これは・・・汗」
しかし今まで見た中では一番マシです。
ちょうど他のフロアでリフォームしている最中の部屋があったので見せてもらいました。
「なるほど、天井はここまで上げられるのか・・・」などわかったのでそれをふまえて更にリフォームすればなんとかなるかな?と思い、更なるリフォームした場合の値段も出してもらいました。
しかしリフォームが済んでいる所を更にリフォームってバカバカしい・・・かなり値段が上がります。
でも他にも条件には合ってても、場所や間取り図や写真で物件見るまでもないものがいくつかあったし、いくつか更に見た中では一番良い・・・迷いました。
「中古物件の取り置きは1週間です。それを過ぎたら他の不動産やに回しますし、他のお客さんを案内します」
一回見ただけでは決められるわけもない。
違う時間に来てもう一度見てみたい。
「ちょっと考えます・・・」と言ってとりあえずは取り置きしてもらいました。

〜つづく〜



どんなお部屋があるのだろう?
posted by yascorn at 17:47| Comment(0) | TrackBack(1) | 家(自宅)

2008年03月28日

スマッチ編集部の方が取材に 〜その4〜

作りつけのデスクスペース下のチェストを買い換えようと思っていました。
やはり入居する前から決めていた物があったのですが、いつでもいいや・・・とほったらかしにしているうち時間がたってしまいました。
今まで使っていたのは実家にいた時から使用していたこのチェスト。
引き出しに重い物を入れても軽くひきだせるほんと使いやすい物でした。
グッドデザイン賞も取っています。
しかし15年くらい使っていたので前面が黄ばんでしまってます。

で、買い換えたのがこちら。
フランフランのチェスト、2万円。

この商品は定番だろうとのんきにしていたら、なんとリニューアルされてもう現品しかないと言われてしまいました。
で、現品を一割引してもらって購入。ラッキー☆
入れ替わった新商品のチェストは見た目はほぼ同じで、鍵がかけられるようになったとか。
でもそんなオプション必要ないし。
なんといっても新商品は引き出しの中が黒いプラスチックなのが気に入らないです。
物を入れてしまえば気にならないのかもしれませんが・・・
今までのチェストの引き出し内側はこんな感じ↓

この真っ白さがいいです。
カラーの商品ももちろん、同色カラーでした。

さて、こちらはベッドルームの紫の壁。
この壁に映える白い時計を作ろうと思って、入居した当初からカッティングシートを買っておいたのですが、結局未だ作れず・汗
とりあえず、前の家でも使っていたビーズカーテンを下げてみました。
色合い的に目立たないですが・・・

本当は薄い布地のカーテンを下げたいのですが、やはり気に入った柄の布が見つかりませんでした。
まあいいや、とこれでOKということにしました。


お気に入りを探す
posted by yascorn at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家(自宅)

2008年03月25日

スマッチ編集部の方が取材に 〜その3〜

階段上、つきあたりの梁の上は趣味のスペースにしました。
今までちゃんと紹介していなかったので改めて紹介します。

梁の奥行きに合わせて棚板を作ってもらいました。
真ん中に仕切りをつけて、それぞれ右段、左段、別々の可動式になっています。
置く物の高さに合わせて調節していますが、すでに一杯です・・・

かつて集めていたブライスやパラッパグッズ。

ロボットいろいろ。

ロボットとスノードーム。

マトリョーシカ他。
一番下の棚板が梁の上部分です。

先日新しくゲットしたマトリョーシカ・スノードーム!
私の好きな物2つが合体☆
最近この絵のメモ帳などよく見ますが、韓国のデザイナーの物らしいです。
私も早くオリジナルのスノードーム作りたい〜。

しかしまだ出してない物もたくさんあるのです・汗
スペース的に余裕がないので、他の場所になかなか置けません。
個人的にニッチや段差がたくさんある家が好きなのですが、やはり広さがないとですね。


広々リビングに置く!
posted by yascorn at 16:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 家(自宅)

2008年03月24日

スマッチ編集部の方が取材に 〜その2〜

クッションと同じ日に玄関マットとブックエンドを買いました。
こちらはアクタスで。
ブックエンドはかわいかったのでつい。

玄関マットは敷いた方が風水的にいいらしいですよ・・・
しかも緑や茶色が良かったような。(うろ覚え)
今まで前の家で使っていたものを使用していたのでそろそろ変えたいと思っていたのです。

写真下が前の家で使っていたものです。
本当はこのサイズのものを探していたのですが、こちらもなかなかありません。
変形マット(りんごやうさぎの形など)は小さめのものがあるのですが、ちょっとイメージと違うし、玄関で変に存在感があるのは避けたかったのです。
で、結局買った写真上マットを半分に折って使うことにしました。
模様や厚さなど半分に折っても変ではなかったのでまあいいかと。
やっぱり新しい物って気持ちいいです。

同じく玄関。
こちらはコートフック。
これも入居する前から付けたいと思っていて、しかも邪魔にならないものをあちこち探しました。
スペースがあればIKEAで売っているちょうちょのような存在感のある赤いフックを付けたいところだったのですが・・・

あらかじめ施工会社にお願いし、ボルト部分の部品を渡して「高さ何センチ、玄関壁から何センチずつ離して埋め込んでください」と依頼。
そしてフックの色はシルバーだったので、自分で白く塗りました。
しかし慣れていないせいで3つのうち1つ塗り方を失敗し(汗)やり直そうと思ってそのまま1年たってしまいました・・・
今回改めて残り1つを塗り直ししようと探したのですが、部屋の中で行方不明に・汗
このフック、アンティークやで見つけたのでもう同じ物はないのです。
焦りました。

しかしなんとこれもハンズで似たような物を発見!
よっぽどしげしげと見ないと違いはわからないです。
問題は土台のネジとサイズが合うかどうかでしたが、バッチリでした。
こういうのって昔から規格が決まっているのかな?
とりあえず、玄関まわりは完成しました。

デザインしちゃう?
posted by yascorn at 16:24| Comment(0) | TrackBack(1) | 家(自宅)

2008年03月22日

スマッチ編集部の方が取材に

先日アップし忘れましたがスマッチ編集部の方が取材に来られた時の写真を公開!

左からスマッチ編集部木谷さん、福田さん、同じくコーポラブログをやっているまどかさん
http://blog.smatch.jp/mm_coop/ です。

ワンルームで見所が少なくて申し訳なかったのですが、ある意味ワンルームのコーポラってめずらしいかも?と思い直しました。
とりあえず、取材が決まってやろうとしていたことを大慌てでやりました。
全部は無理でしたが・・・
取材が決まった10日ほど前からの様子を書いて行こうと思います。

まず、この椅子!

フランフランで気に入って買ったのですが、クッション(座布団)の色がずっと気に入りませんでした。
私は部屋になるべく黒い物は置かないようにしているのです。
風水的にも黒い家具などはあまりよくないとも聞きました。
クッションを置いても重い感じ。

ここにはまる大きさは直径40〜42センチなのですが、なぜか直径37センチの物ばかり。
何か基準があるのでしょうか?
雑貨やに行く度に丸い座布団を探したのですが全然見つからず、そんなこんなで半年以上たってしまい、いっそのこと「自分で作るか?」とも思い布を探したりもしましたがイマイチ気に入らない。
第一今、ミシンも壊れている上、きれいに縫える自信はまったくありません。
仕方ないので本気で探しました。

色は赤かショッキングピンクのようなはっきりした色がいいな〜と思っていたら、赤でデニムっぽい生地のちょうどいい大きさの物が見つかりました。
しかしちょっと分厚くて生地もこの椅子に合わない感じ・・・
丸くても形がキチッとしていないと途端に垢抜けない感じになってしまいます。
これじゃないなあ・・・
そうだ!と以前丸いテーブルを買ったchair-chairというお店に問い合わせると、イームズシェル用のクッションがあるらしい。
http://good-chairs.jugem.jp/?page=5

サイズもちょうどいい感じだし、柄も素敵です。
しかし値段が一つ6000円くらい・・・しかも納品に2週間くらいかかるとのこと。
高すぎるし間に合いません。

やはり自分で探すか・・・とふと他の用事で立ち寄ったハンズで偶然いいのを見つけました!
赤や濃いピンクではないけど、この色ならいいか。

ほんのちょっとサイズが小さいのとフェルト素材で薄いのが気になりますが、そんなにおしりも痛くなりません。

アクタスのクッションもこちらの方が色が合います。
とりあえず、やろうとしていたことを一つクリア!です。
さて次は・・・

「コーポラティブのすすめ」
http://blog.smatch.jp/edit/cooperative/

どんな部屋がいい?
posted by yascorn at 16:40| Comment(4) | TrackBack(0) | 家(自宅)

2008年03月20日

コーポラティブのすすめ

スマッチ特集で「コーポラティブのすすめ」がアップされました!
先日家にスマッチ編集部の方とまどかさんが取材に来てくれたのです。
写真、きれいに撮ってくださってありがとうございます。
しかし片付けても物が多い・・・汗

コーポラティブのすすめはスマッチトップページ、もしくはこちらからどうぞ!
http://blog.smatch.jp/edit/cooperative/

このために、部屋を大慌てで片付けました・汗
しかもDIYにも挑戦!?
その辺を早く紹介していきたいのですが・・・
とりあえず、サイン会に行ってきます!
どうかよろしくお願いします。
posted by yascorn at 10:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 家(自宅)