2011年04月20日

すごいよコクヨ!〜ワミーのまき〜

さて、下の階。
Img_3086
こちらも広い!
カラフルな椅子がズラッと・・・
私も腰痛のためアーロンチェアが欲しいのですが、高くてなかなか手が出せずにいます。
Img_3091
ちなみにこちらの椅子の値段は59010円でした。
色もカラフルだし、こっちにしようかな。
Img_3095
更に別のフロア。
こちらは未来的な丸い空間にかっこいい椅子がずらっと。
Img_3098
こちらの椅子、まるでコクピットのように体が守られてる感じで座り心地がすごくよかった!
お値段210000円・・・そうか〜。
Img_3099
あっこの椅子知ってる!
アクリルの中に薔薇を閉じ込めたアーティストの方の作品。
こちらとのコラボだったんですね。
Img_3102
このカーテンもどこかのアクタスショールームで見たな〜。
家の中にカーテンぽいカーテンをつけたくなかったので、こちらを検討したのです。
しかし値段がやはり高いのと、けっこうほこりがつくかな〜、と考えてやめました。
ちなみに未だに家の中にはカーテンがありません。


ところで最近、コクヨさんの作ったワミーというおもちゃが大ヒットしています。
Img_2978
こちらがワミー。
やわらかい素材のパズルで、組み合わせたりねじったりして様々な形が作れます。
これを使って100通りの遊び方を紹介したムックが今日、発売されました!
Photo_2
この中で制作者へのインタビュー漫画を2ページ私が描いています。
「ワミー誕生のひみつ」みたいな感じです。
私も今回、初めてワミーで遊んでみたのですが、かな〜りはまりました!
いろんな形が作れてほんと楽しいんです。
これは大人もはまる!
今回、こちらの仕事でコクヨさんを訪れたのですが、ついつい他に目がいってしまい、ワミー紹介が最後になりました・汗
でもほんとやってみると人気が出る理由がわかりますよ。

こちらのムック、ワミー20ピースが付録でついてますのでこれ一冊でまずは試してみてください。
ぜひぜひ、よろしくお願い致します〜☆
posted by yascorn at 17:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 取材

2011年04月19日

すごいよコクヨ!〜アクタス&コンランショールームのまき〜

先日、コクヨさんに取材仕事で訪問しました。
コクヨさんはみなさん知っての通り、老舗の文具メーカー。
Img_3107
きれいなオフィスビルです。
打ち合わせで立派な会議室に通されたのですが、まず驚いたのが、この内装!
Img_2973
エ、エッグチェア!?
かわいい〜!
このペンダントライトもタイルも、すっごくおしゃれ!
そしてどこかで見た事ある・・・と考え込んでいると
「これ、アクタスに置いてあるものなんですよ」と社員の方が説明してくれました。
なんとアクタス、コンランは現在コクヨグループなんだそうです!
つまり買収したんですね。
知らなかった〜〜〜っ!!!
なので会議室が実質ショールームの役割も果たしているとのこと。
Img_3036
このカバーはオリジナルだそうです。
かわいい〜!ほしい〜!高そ〜!

個室以外のオープンルームもすべておしゃれで違うカバーのエッグチェア、セブンチェアなどがたくさん置いてありました。
とてもオフィスには見えません。
そしてなんとここにはちゃんとしたカフェコーナーも。
Img_2970
このカフェメニューの中から好きな物が頼めるのです!うひー!
私はこういう時たいていカプチーノを頼みます。
どんなマシンを使っているか気になるから・・・
それにしても打ち合わせ前から大興奮!
こんなオフィスで仕事したらさぞかし仕事はかどるんだろうな・・・

打ち合わせが終わり、「お時間あったら社内のショールームを見ていきませんか?」ということで社内を案内していただきました。
ここだけでなく、他にもショールームが!?
まずは屋上。
Img_3037
ふ、噴水!?
周りには木のオリジナルチェア、しかもネットの差し込み口も!
「社員がこういう場所でアイデアを考えたりできるよう、あちらこちらにこういう仕掛けがしてあります」
Img_3039
確かにここにも先程のおしゃれカフェにも人がいました。
いろいろな場所で仕事できるようになっているんですね。
すごい〜!
横には小さい畑があったり、太陽光発電をしていたりとエコにもかなり力を入れているそうです。
Img_3049
屋上横の室内スペースも広々。
そしてどの椅子も座り心地が良さそう。
「ここから下のフロアに降りていきましょう」
Img_3054
えっこんなに広いの!?
奥にもっとたくさん家具が並んでいました。
Img_3056
こちらは小学校のレイアウト。
椅子も工夫されていてかわいいし、電子黒板もすごい!
Img_3063
このオブジェもコンランで見た事あるようなないような・・・
Img_3061
中は鏡張りになっていて、子供が大喜びしそう。
私もこういう物が置ける余裕のある家に住みたいぞ。
と、値段を見ると「286650円」と表示が。
どっちにしろ無理そうです・・・
Img_3071
他にもオフィス用品や病院で使用する家具などのレイアウト、総合プロデュースもしているそうです。
Img_3074
この机もでデザイン的、なおかつ合理的でいいですね〜。
Img_3077
壁には昔からの歴代ノートが。
社員さん達が「この辺使ってましたね〜」と指さす中、私は一人もっと昔のを指さしていたので、見つからないようそっと出した指を引っ込めました・・・
そしてショールーム、更に下の階へと案内されたのです。

〜つづく〜
posted by yascorn at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2010年06月05日

長野・オルゴール工場&博物館見学

昨日発売された小学四年生・7月号では長野県諏訪市にある日本一のオルゴール生産量を誇る日本電産サンキョー株式会社さんを取材させていただきました。
シリンダーオルゴール、ディスクオルゴールなどいろいろ作られているのですが、誌面ではシリンダータイプを紹介しています。
1006045
これがシリンダータイプ。一番良く見かけるオルゴールです。
1006046
箱に入れる際は一つずつ手でネジ止め。
繊細な物なので、手作業も多いのです。
1006044
工場見学の後は、三共さんの歴史的価値のあるオルゴールコレクションを展示している諏訪湖オルゴール博物館・奏鳴館へ移動。
館長の説明と共に貴重なオルゴールをいろいろと見せていただきました。
私は昔の貴重な手回しオルゴールに挑戦。
右隣の案内してくれた女性の踊りにも注目してください。

「もっと速く回してください!」と言われましたがこれが限界・・・メチャクチャ疲れます。
ダイエットにいいかも。

さてさて、この日はかなりの大雨で工場に行くのも次に移動するのもなかなか大変でした。
電車も1時間に1本しかないし、次へと急いでいるのに「この駅で16分停車します」とアナウンスがあったりしてびっくり。
なんだかのんびりしてますね。
こちらは上諏訪駅前。
山には遅咲きの桜がまだ咲いていました。
1006042
そういえば、ちょうど7年に一度の御柱祭の直前の時期でした。
惜しかった〜。
1006043
そうそう、諏訪湖オルゴール博物館は諏訪大社のすぐ目の前だったのでした!
雨だったので、目の前のタクシーにすぐ乗ってしまい、諏訪大社にお参りもしなかった・・・これも大変心残り。
それと行きの電車で初めて特急「あずさ8号」に乗ったので、うかれて写真をたくさん撮ったのですが、うっかりデータを消してしまったみたいで全部なくなってました・・・これが一番ショック。
お参りしなかった報いでしょうか・・・
上諏訪は初めて訪れましたが、犬神家の一族の舞台になったお屋敷やロケ地もぜひ巡ってみたいので、再度行ってみたいと思います。

電車については一切触れていませんが、オルゴールの仕組みがよくわかる小学四年生・7月号、よろしくお願い致します。
posted by yascorn at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2010年06月01日

福岡のロボット会社・テムザックへ取材

そうそう、最近仕事のこと書くの忘れてました!
今年3月までやっていた取材漫画は小学四年生でひきつづき「ロボタンのテクノレーダー」として連載しています。
しかもカラーページで!楽しいです。
機会があったらぜひ見てみてください。

あさって3日に7月号が発売になりますが、6月号は福岡県にあるロボット会社・テムザックさんに行ってきました。
サイン会に続き、福岡は今年二回め。
そういえばそれについてもまだ書いてなかった・・・とりあえずこちらから。
1006011
福岡市内から車でかなり行った郊外に会社はありました。
以前は小倉に会社があったようですが、広い土地に引っ越しされたとのこと。
社員の方は未だに小倉に住んでいる方も多く、車通勤だとか。
こちらでは免許は不可欠ですね。
1006012_2
トイレを案内するロボット!? ・・・なわけないですね。
1006013
フロアにはロボリアと番竜がたくさんいました。
どちらもお留守番ロボットで販売しています。
目に当たる部分にカメラがあり、留守宅の画像を携帯に転送してくれます。
これで長いこと家を留守にしても安心☆
1006014
携帯画面はこんな感じ。
前からこのロボット欲しかったのですが、値段が高いのと、対応携帯がFOMAだけなので買うのはあきらめました。
それに大体家にいるだろ!>私。
1006015
番竜に乗るロボタン。
いいなあ、楽しそう。
1006016_2
動き出した番竜に振り落とされたロボタン。大丈夫か!?
1006017
他にもネコ型ロボットや(「PRロボット」というらしい)
1006018
私が描きそうなロボットも。
1006019
新型二足歩行ロボット「キヨモリ」見たかったのですが、留守でした。(鎧だけ)
10060110
有名なレスキューロボットは外で雨ざらしになっていました。
「大丈夫なんですか!?」と聞いたら「外で使うものだから雨くらい大丈夫です」と言われてしまいました。
それもそうか。
もちろん現役です。
テムザックさんは最近医療ロボットの開発に力を入れているとか。
詳しくは小学四年生・7月号を見てみてくださいね。
本屋さんには置いてあるのは明日までですよ〜。
ちなみに8月号はオルゴールについて取材しています。

そうそう、福岡の翌日は足をのばして長崎の軍艦島に行ってきました。
それについてもまた改めて書きますね。
posted by yascorn at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2010年01月17日

HONDA工場見学・その2〜伊勢神宮〜

HONDAの鈴鹿工場取材が終わり、鈴鹿サーキットで一般も乗れるカートに乗ってみたかったのですが、同行した方達が全く興味ない様子。
「むしろ伊勢神宮に行きたい」というので伊勢に向かいました。
1001141
伊勢神宮の内宮は本橋が工事中で、隣に仮橋がかけられていました。
1001142
もう工事は終わったかと思いますが・・・
1001143
ちょっと趣に欠ける仮橋。
1001144
恒例の五十鈴川でたたずむ。
ずいぶんと水が少なくて、見慣れた景色とちょっと印象が違いました。
一人で来る時はここに30分は佇んでいるのですが、今日は一瞬だけで残念。
1001145
こちらも恒例の本堂への階段途中での写真。
いつも岩にカメラを置いてセルフタイマーで撮るのですが、今回は撮ってもらいました。
1001146

池をのぞいたら人面魚が!
1001147
伊勢神宮の後はおかげ横町。
お決まりのコースです。
1001148
いつも一人で来る時は「すし久」のてこね寿しを食べるのですが、今回は名古屋でご飯を食べる事にしていたので我慢。
とはいえ夏の定番、赤福氷は食べました。
抹茶のかき氷の中に赤福が2つ入ってます。
でも餅とあんこが別々になってました。
以前は赤福そのものが入っていた気がしますが・・・?
1001149
おかげ横町の中に宝くじ売り場があったので、サマージャンボを買いました。
このカエルの頭に乗せて拝むと当たると聞き、買ってすぐ乗せました。
10011411
・・・見事、はずれました。
10011412
名古屋に着き、あつた蓬萊軒のひつまぶしを食べに松坂屋へ。
そのちょっと前のサイン会が名古屋で、初めてあつた蓬萊軒に一人並んでひつまぶしを食べた話は以前書きましたが、年に二回もあつた蓬萊軒で食べるとは思わなかった・・・
でもやっぱりここのはおいしいです!
普通のうな重より好きかも。
10011413
最後はお茶漬けで。
おいしかった〜ん☆
ちょっと前まで名古屋で一番好きな食べ物は手羽先でしたが、すっかりひつまぶしが一番に。
食の方向が違いますが、名古屋の喫茶マウンテンに行けてないのがまだ心残り・・・
一人で行くといろいろ頼めないので、ぜひ誰か一緒に行って欲しいです。
マジで。
posted by yascorn at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2010年01月13日

HONDA工場見学・その1

昨年7月のことですが、仕事取材でロボタンと一緒に鈴鹿にあるHONDA工場見学に行かせていただきました。
東京支社見学についてはこちら
近鉄名古屋線に乗って鈴鹿方面へ。
シートのカバーのイラストがかわいい☆
1001131_3
取材のメインはハイブリッドカー、インサイトという車。
1001132
ロボタン、そんなところにいたら危ないよ・・・
1001133
こちらが搭載されているハイブリッドシステムエンジン。
こんなに小さくなったのは画期的だとか。
モーター音もほとんどしないそうです。
1001136
スーパーカブが展示されてました。
かわいいですね。
バイク乗った事ないけどこれなら乗りたい。
1001134
「ぼくも運転したいノダ〜」
はいはい、大きくなったらね☆
1001135
ふと傍らに段ボール製のアシモが。
これ欲しい!と思ったのですが、キットとしては作ってなくて売ってないそうです・・・残念〜。
1001137
お昼に社員食堂でランチをごちそうになりました。
私が選んだのはこの日の特別メニュー、とんてき丼。
なんと最後の一個をもらっちゃいました・汗
こちらの地方の名物だということは知っていましたが、食べるのは初めて。
地産地消もテーマにしているとのことでした。

工場内の写真は載せられませんが、システマチックであまり人がおらず、特にアームロボットが何本も一度に溶接しているコーナーでは火花が散ってるのがかなりかっこよかったです。
工場萌え〜な感じでした。
工場見学についての詳しい事は、小学三年生・11月号を見てください。
今から手に入れるの難しいかもですが・・・汗

〜つづく〜
posted by yascorn at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2009年12月15日

瞬足取材で栃木へ

今出ている小学三年生・1月号の取材漫画「ロボタンのテクノレーダー」は子供達に話題のスニーカー、アキレスの瞬足がテーマです。
ちょっと前に東京と栃木の工場へと二カ所取材に行きました。
0912071_2
ちなみに瞬足は「速い子にはより速く、遅い子には夢を!」がキャッチフレーズ。
とにかく靴が軽い!
そしてスパイクが左側に寄っています。
これはトラックを左回りで速く走れるようにとの画期的な設計なのです。
詳しくは本誌を見てください。

取材が終わってから近所で評判だという「湧水庵」というおそば屋さんに案内していただきました。
0912072
車で行かないと行けない場所でしかも畑の中にいきなり!
地元の人しかたどりつけないのではないでしょうか。
0912073
しかし店内はすごい混雑で、並んでいる人もいました。
おそばは何人前という風に注文し、全員分ざるに盛られて出てきます。
玉葱のかき揚げはなんと100円。安い!
鴨汁と普通のつゆと、両方もらって贅沢に食べました。
おいしかったです。
0912074
そば屋の目の前にはきれいな清流が。
0912077
そば屋で使うわさびが作られていました。
0912076
ほんのちょっと紅葉も見れました。
0912078
入り口には大谷石の加工品が売られています。
大谷石・・・全国的に有名な宇都宮の石です。
そういえば、9月に旅行で日光に行った際、前から行きたかった大谷資料館にも行ったのですが、そのレポートもまだでした。。。
おもしろい所なので、早々に紹介します。
posted by yascorn at 17:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2009年04月13日

ロッテ工場見学

コアラのマーチが出来るまでを取材しにお菓子メーカーのロッテさんの浦和工場見学に行ってきました〜。
歴代のお菓子がずらり。

粉を練って・・・などは割愛。
こちらがコアラのプリント原盤。

うす〜くのばした記事にカラメルのインクでどんどん印刷されていきます。
布地みたい。

その後型抜きやらいろいろあって、オーブンから出てきたコアラのマーチ達。
ずらり。

まゆげコアラ発見!
希少価値という噂ですが、入っている確率は他のコアラの絵柄と同じだそうで・・・
まだチョコは入ってませんが、出来たてを食べさせてもらいました。
こうばしくておいしい!
コアラのマーチと並行して横でパイの実を作っているのですが、こちらの出来たて(焼きたて)はサックサクでめちゃうま☆

この工場、ほぼ全国に行き渡る出荷数を製造しているのですが、なんと人が5〜6人しかいなかった。
後は全部機械&ロボット!
こちらはものすごいスピードで箱を組み立て中身を入れていくロボット。

こちらは段ボールを組み立て、箱詰めしていくロボット。
みんな働き者だな〜。

こちらの工場、一般の見学も出来ます。
(ただし見学ルートがあり、今回のように中に入って見ることはできません)

この取材の様子は雑誌・小学三年生の5月号(現在発売中)「ロボタンのテクノレーダー」に詳しく載っています。
白黒ページですが、よかったら見てみてください。
posted by yascorn at 11:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2009年02月19日

恐竜の骨格標本組み立てに

昨夜、仕事先で打ち合わせをしていたら、話し込んでなんと夜中の2時になってしまいました。
そこへ別の編集さんがやって来て「今から丸ビルに恐竜の骨格標本組み立てを見学しに行ってくる」とのこと。
おもしろそうなので、私もついていきました。

丸ビルに到着すると、まだ足場を組んでいる最中でした。

大きなコンテナが開けられ、背骨の部分が出てきました。

梱包材に包まれた部分部分。

出すとこんな感じです。
まさにプラモデルのパーツのよう。

全部の部位が取り出されました。


骨はかなり精巧に作られています。
「本物」と聞いていたのですが、これはレプリカです。

私は今まで博物館にある恐竜の骨は実際に掘り出された本物かと思っていました・汗
本物を組み立てようとするのはまず不可能です。
そりゃそうですよね、何千万年も前の骨ですから、そんなことをしたらボロボロになってしまいます。
そこから丁寧にレプリカを作って、組み立てるらしいです。
ただ、全部の骨が一度にきれいに発掘されることはそうそうないので、新たになかった部分の骨が発見されると、その部分のレプリカを作り直し、骨格標本を入れ替えていくようです。
そうやって「本物」に近づけていくのですね。

骨の中には鉄骨が入っています。
ここを組み合わせていきます。

組み立てるのは全国屈指の恐竜骨格標本組み立て屋さん!
そういう職業がある、と初めて知りました。

各都道府県の恐竜展や博物館はほとんど行ったとか。
万が一破損している場合もその場で直す、頼もしい方々です。
恐竜骨格標本の組み立てを頼みたい方はぜひ。

最後に頭をつけて、できあがり!

正面から見るとこんな顔をしています。ほそっ!

この子のプロフィール。
今日の丸ビルオープンから3月2日まで1階ロビーにいます。
これは2009年3月14日(土)〜6月21日(日)に上野の国立科学博物館で行われる「大恐竜展〜知られざる南半球の支配者〜」という展覧会の一環です。

私ももちろん行きますが、父が恐竜好きなので教えてあげよう。
父は毎年東京で行われる恐竜博の前売り券発売初日に必ずチケットを買うような人です。
ここまで恐竜が受けるのは日本だけだそうな。

おまけ。
恐竜とキス写真。

エジプトではスフィンクスとこうして写真を撮るのがおきまりだそうです。
真似してみましたが、食われてるようにしか見えない・・・
posted by yascorn at 15:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 取材

2008年09月02日

IKEA取材 〜その3〜

今回IKEAで買ったものはこれだけ。

ビールは4缶買ったのですが、すでに飲んでしまいました・汗
あとはお皿とチーズおろし器。
クリップは一緒に行った方が買ってわけてくださいました。
これも以前買って家でかなり重宝していますが、前はピンクやきみどり色は入ってませんでした。
その代わり赤と紫色がなくなってますけど。

さてさて、この白と黄緑のお皿はかなり初期にIKEAでやはり同じ数買っていました。
そのうち2つをうっかり割ってしまい、残り2つも欠けてしまってます。
私の不注意のせいかもしれませんが、なんだかとても割れやすいお皿だな〜と感じていました。
でも色も形もまったく同じですが、新しく買ったお皿は持った感じが微妙に違うような・・・?
そこで今までの物と比べてみました。
はしっこが欠けているのが今までのお皿です。

やっぱり!
厚みが微妙に違っていました。
写真でわかりますでしょうか?
新しい物はちょっと薄いです。
どうりで持った感じが今までより硬質な感じだと思いました。
これで割ることもなくなるかも!?
ビミョーにいろいろリニューアルしているのですね。

今度はクリスマス前になったら行こうと思います。
昨年クリスマス時期に売っていたという噂のキャンドル型の壁掛けライトが欲しいです・・・

posted by yascorn at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2008年09月01日

IKEA取材 〜その2〜

ひさびさに行ったIKEAは多少マイナーチェンジしていました。

部屋の模様替えは季節ごとなのでもちろんですが・・・

ロッカーも電子ロック式に変わっていました。
以前はアナログなロッカーキーを使うタイプでした。

すごく小さいことですが、ロッカーの前に置かれた椅子にも今までなかった背もたれクッションが!

他にも商品でなかった物がいくつか。
もちろん常に新製品があるのですが、このステンレスの鍋のシリーズはなかったです。
ちょっといいかも・・・

お皿などを買う際に便利なこんな段ボールの箱も用意されていました。
前は一枚ずつ紙に厳重にくるんだりして大変でした。

そして食べ物のメニューも増えていました!

一緒に行った方が初IKEAだったので
「微妙な味ですけどぜひミートボールを食べてみてください。レッツチャレンジ!」
と勧めたのですが、トライしてくれませんでした。
勧め方が悪かったのでしょうか。

結局今まで食べたことのないローストビーフとか豚ロースとかグラタン、チーズフォカッチャなどシェアしました。
ミートボール以外の物が増えてうれしい☆
そして私は一人で昼間からビール。
スウェーデンのビール、初めて飲みました。
この後すぐ例の撮影だったのに顔が赤くなってしまい、計画性のない自分にしまった!と思いました。

〜つづく〜
posted by yascorn at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2008年08月31日

IKEA取材 〜その1〜

仕事でほっと一息、おやつでも食べながらIKEAのカタログでも読もう・・・

ん?なんかおかしいですか?
そう、実はこの表紙モデルは私。
なんと2009年度版IKEAカタログの表紙になっちゃいました!

・・・というはウソで、先日そういう企画がIKEAであったのです。
IKEAの表紙と同じセットで自分のオリジナルカバーを作ろう!という企画です。
8月8日にスマッチ編集部の方々が取材日をもうけてくださり、昨日その出来上がったオリジナルカバーが家に届きました。
詳しくはその辺りに更新された編集部日記などをご覧ください。
(人まかせですいません)

ちゃんと裏も同じ広告が載っています。
背表紙の所に両面テープが付いていて、それをはがしてカタログを挟み込むとオリジナルカタログができるのです。

撮影はこんな感じでした。
IKEA入り口すぐ横に作られたセットで若い女性カメラマンが撮影してくれました。
小道具があまりなかったので、その日持っていた自分の日傘を急遽小道具に。

部屋の中で傘をさすってのもなんですが、ちょうどピンクの部屋に合うし、気にしません。
傘を持つ位置などカメラマンさんに指示され、撮影開始。

「はい、すましてください〜」
おすましって・・・どんな顔すればいいんだっけ!?
7〜8枚撮ってあっという間に撮影終了。

「こんな感じです」
「いいですね〜」
撮影したばかりの写真を見せてもらいました。
どれを選ぶかはおまかせでしたが結局笑っている写真が採用されました。
楽しい企画でした!

〜つづく〜
posted by yascorn at 16:12| Comment(0) | TrackBack(3) | 取材

2008年05月18日

ぐりんぱへロケ 〜その2〜

かといって私も全く遊んでいたわけではありません。

みるくうさぎちゃんの風船が木に引っかかっていたのを取ってあげたり

きつねくんと往診に向かったり

ハンモックで昼寝したり

ショコラうさぎちゃん達とおしゃべりしたりして大活躍しました。

・・・はい、遊んでました。

お腹がすき始めてパン屋さんへ焼きたてのパンのにおいをかぎに行ってたら

「手伝って〜」と言われたので赤い屋根の大きなお家で撮影のお手伝い。

家の中にはシャボン玉マシーンがあり、ハンドルを回すと外にシャボン玉が飛ぶ仕組みになっています。

こんな感じでひたすらシャボン玉を作りました。
見えるかな?
普通の家にもこういう遊び心があればいいのに。

撮影に結構時間がかかり、お腹ペコペコ。
中学生の団体がバーベキューをやっていて、うらやましかったのですが予約がないと食べられないそう。
ここのレストランでは大した物は食べられないので、一度ぐりんぱを出て、来た道を戻り「忠ちゃん牧場」というところでジンギスカン。
ラブリーな動物たちの写真撮影の後にこれって・・・でもおいしかったです☆




大きな屋根、ある?
posted by yascorn at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2008年05月15日

ぐりんぱへロケ 〜その1〜

先日、元「日本ランドHOW」、現「ぐりんぱ」の中にあるシルバニアビレッジへシルバニアファミリーのページのロケをしに行きました。
http://www.grinpa.com/

前にもロケのことは書いたかと思いますが、
http://blog.smatch.jp/sugiki/archive/202
私は写真のような原作(ストーリー&絵コンテ)を書いてます。
これを元に、ライターさんが撮影場所を決め、構図を元にカメラマンさんが撮影していくのです。
基本的に私はロケには行かなくていいのですが、今回はぐりんぱに来てみたかったのです。

天気はちょっとどんより気味・・・
でも遠くに来たことで気分は解放されてます。

本格的な撮影に入る前にカメラマンさんにデジカメで撮ってもらいました☆
晴れてれば後ろに富士山が見えるのですが・・・残念。
お花もきれいに植えられています。

あっ晴れてきた!
これは「緑の丘のすてきなお家」です。
中に入っていろいろ見たりさわったりできます。

すてきなバスルーム&洗面台。

キッチンもラブリー。

二階はベッドルーム。
ピアノも置いてあって、椅子に座ると演奏が始まります。

撮影が始まりました。
シルバニア達は小さいので、カメラマンさんも大変です。
がんばってください〜!と応援しつつ私はビレッジ散策に。

〜つづく〜


遊び心たっぷりのお部屋へ!
posted by yascorn at 14:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 取材

2007年06月04日

ダチョウの卵の目玉焼き


前にバケツプリンならぬたらいプリンを作りましたが
http://blog.smatch.jp/sugiki/archive/150
今回は世界一大きいと言われるダチョウの卵の目玉焼きに挑戦しました。
詳しくはこちらを見てください↓
http://www.netkun.com/magazine/sho6/scoop/

行ったのはダチョウ王国という所。
http://www.dacho.co.jp/
こちらの社長も顔がダチョウに似ていました。

一週間前に生まれた、というダチョウのひなも見せてもらいました。
やっぱりなんでも赤ちゃんはかわいい。
毛はふわふわなのかな?と思ってさわってみると、タワシのようにごわごわしていました。

みやげ売り場で変なものが売っていました。
聞いてみたら「犬」とのことでしたが、いったい何に使うのでしょう。

自分みやげ用にダチョウのカレーを買いました。
サバカレーは好きなので前から時々買いますが、海ほたるで買いました。
ダチョウの卵のカラもおみやげとしていただきました。
エッグアートにでも挑戦してみようか・・・

帰ってきてさっそくカレーを食べてみました。
現地で食べたダチョウのバーベキューもそうでしたが、一見くせのない味で最初おいしいと思うのですが、食べ進むうちにちょっと違和感を感じるというか・・・
カレーもそんな感じでした。

ちなみにダチョウは普通に飼えるそうですよ。
社長もダチョウ王国を作る前は家でダチョウを飼っていたとか。
家にダチョウのいる生活・・・そんなに憧れないな。
posted by yascorn at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

ダチョウの卵の目玉焼き


前にバケツプリンならぬたらいプリンを作りましたが
http://blog.smatch.jp/sugiki/archive/150
今回は世界一大きいと言われるダチョウの卵の目玉焼きに挑戦しました。
詳しくはこちらを見てください↓
http://www.netkun.com/magazine/sho6/scoop/

行ったのはダチョウ王国という所。
http://www.dacho.co.jp/
こちらの社長も顔がダチョウに似ていました。

一週間前に生まれた、というダチョウのひなも見せてもらいました。
やっぱりなんでも赤ちゃんはかわいい。
毛はふわふわなのかな?と思ってさわってみると、タワシのようにごわごわしていました。

みやげ売り場で変なものが売っていました。
聞いてみたら「犬」とのことでしたが、いったい何に使うのでしょう。

自分みやげ用にダチョウのカレーを買いました。
サバカレーは好きなので前から時々買いますが、海ほたるで買いました。
ダチョウの卵のカラもおみやげとしていただきました。
エッグアートにでも挑戦してみようか・・・

帰ってきてさっそくカレーを食べてみました。
現地で食べたダチョウのバーベキューもそうでしたが、一見くせのない味で最初おいしいと思うのですが、食べ進むうちにちょっと違和感を感じるというか・・・
カレーもそんな感じでした。

ちなみにダチョウは普通に飼えるそうですよ。
社長もダチョウ王国を作る前は家でダチョウを飼っていたとか。
家にダチョウのいる生活・・・そんなに憧れないな。
posted by yascorn at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材

2007年04月04日

バケツプリンに挑戦!(プリン地獄)


これも仕事の企画なのですが、バケツプリン・・・いえ、より大きなたらいプリン作りに挑戦しました!

普通の家のキッチンではまず作れない分量なので、わざわざ自由が丘のキッチンスタジオを借りました。
そこには大きな冷蔵庫があり、直径50センチ近くのたらいがギリギリ入るのです。(下が18リットルのたらい。上は11リットル)
下段手前にあるのは通常売られているグリコプッチンプリン・ビッグサイズです。

市販のプリンの素を使ったので、普通にプリンを作るよりは早かったと思うのですが、それでもスタジオで一番大きな鍋3つを常にフル稼働して、何度も何度も作りました。
ずっとかきまぜてないとすぐ焦げてしまうのでとにかく手が疲れました。
どんなに過酷なスケジュールでも漫画を描いていて腱鞘炎になったことなどないのに、この時はこの作業で腱鞘炎になりましたよ・・・
作っても作ってもたらいいっぱいにならず、更にあま〜いプリンのにおいがスタジオ中に充満し、まさに「プリン地獄」。

詳しくはこちらを見てください↓
http://www.netkun.com/magazine/sho6/scoop/

そういえば引っ越し時に冷蔵庫を買い換えたいと思っていました。
しかし希望していたメーカーの物がすでに販売中止で在庫もなくなっていたので買い換えの機会を逃してしまいました。
プリンを作ったスタジオの冷蔵庫は確かグッチ裕三さんも所有するメーカーの業務用冷蔵庫(名前失念しました)でしたが、そんな冷蔵庫は私の家には置けません。
GEもムリです。
冷蔵庫を置ける幅がこれ↓(68センチ)しかないので・・・

一人暮らしを始めた15年前、黄色か赤の冷蔵庫にこだわってやっと見つけた黄色い冷蔵庫が4年前に壊れました。
写真は買い換えた2代目で、この時も黄色にこだわって探しました。
この家のキッチンタイルも最初この黄色に合わせようかと思っていたのですが、結局黄色でなく白タイルにしてしまったし、容量が小さいので一回り大きな白い物に買い換えたかったのです。

しかしつい最近、黄色い冷蔵庫は金運が良くなるという話を聞きました。
ちょっとの間、買い換えをひかえようかと思います。
posted by yascorn at 17:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 取材