2009年10月21日

イケアのテレビ台のキャスターを変える

さてテレビ台のキャスター、もちろん付けなくても良いのですが、やっぱり動かせる方がいい。
気になっていたのはその質感(ちょっとせこく見える・・・)と高さでした。
で、近所のホームセンターに行って別の物を買ってきてしまいました。
0910199
右が元々の付属のキャスター、左が買ってきた物。
左側の方が1.5センチほど高いのですが、更に高くしたい。
しかしこれ以上大きい物でネジ止めの物はありませんでした。
09101910
そこでかさ上げするために、キャスターとボードの間にこのような5ミリ厚のジョイントをはさむことに。
元々空いている穴の位置も合わないので、新たにドリルで空けました。
09101911
こんな感じです。
09101912
できた!
奇しくもテレビに春日さんが!
「がんばりましたね」と言ってくれてるように思えます♡
しかし思ったより高さが出てしまった・・・汗
でもキャスターを変えたのにはわけがありました。
09101913
そう、掃除機ロボットルンバを通すためだったのです。
ちょうどギリギリ通る高さにできました。
ここの所、物がゴチャゴチャでルンバが活躍できなかったので、これからはちゃんと働いてもらいます。
posted by yascorn at 17:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2009年10月20日

イケアのテレビ台を組み立てる

さて、買って来たテレビ台。
友達に手伝ってもらい、さっそく組み立ててみました。
0910191
部品などの欠損はないようです。
組み立てのイケア製品においては、ここはちゃんと確認しないといけないところ・笑
0910193
まずはダボを埋め込んでいきます。
これで板と板を組み合わせます。
0910192_2
両方同時に穴に入れていかないといけないので、この辺の作業は一人では難しいかも・・・
0910195
あとは付属でこのようにネジをくるくると回す物が付いていました。
これでくるくる回して行けばネジ穴に入ります。
0910196
できました!
あとはキャスターを付ければいいのですが・・・とりあえず置いてみる。
0910197
ちょっと迷う事があったので、とりあえずキャスターは付けずに今日はここまで。
ずっと友達を拘束して働かせていたので(すみません)約束の焼き肉を食べに行きました。
09101915
吉祥寺の李朝園。
ここのリブロースはほんとにうまいです☆
なのに友達は普通の安いロースが一番好きだとのこと・・・汗
おごりがいがなーい!
posted by yascorn at 17:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2009年04月15日

ロボット作りました!

とはいってもメカでなく手芸です。

前回の写真にもチラリと写っていましたが、自分のキャラ、ロボタンを口パク人形(手を入れて口がパクパクするやつ)として作ってみました。

材料はウレタン、発泡スチロール、フェルト、刺繍糸など。
作り方は適当です。
大学生時代、適当に作ってすごくうまくいったのですが、その時も型紙など作らなかったので今回もいけるかな、と思ったのです。

まずは頭の部分を作ります。
ロボットなので、真四角にするか、ドーム型にするか、円柱型にするか悩みましたが・・・
真四角だと口の開閉がうまくいきそうになく、ドーム型は頭の形をフェルトできれいに出すのは難しい、ということで円柱型にしました。
写真の右側が頭、左側があごの下部分です。
ウレタンを切って、補強のために発泡スチロールをそれに合わせて切ります。
更に厚紙で口の中の型紙を作ります。
(ここに来るまでに落書きのような設計図をたくさん描いたのですが、全部捨ててしまいました・汗)

口の型紙はこのようにフェルトに貼り、頭のウレタン部分と合体。
口を貼ってから頭の地色の水色のフェルトを貼り付けます。
あ、その前に目玉になるボタンを縫いつけておきます。

いきなり出来ちゃってますけどこんな感じ。
頭のアンテナも同じく芯にフェルトを貼り付け、プラスチックボールをくっつけました。
手とネジは発泡スチロールで形を切り取り、銀のアクリル絵の具で着色。

足は透明にしてロボットらしい無機質な質感を・・・とビニールクロスの中にモールをコイル状に巻いた物を入れてみたのですが、なんかうまくいかずやめました。

足も普通にフェルトで。
体の部分は発泡スチロールを四角く切って、同じく刺繍などをしてフェルトを貼り付けます。
中に手を入れないとならないので、空洞で、かつしっかりした質感にしないとなりません。
更によくばって、両手も指を入れて動かせるように・・・とその部分も穴を開けなければなず、相当苦労しました。
頭と体を合体させるのも一苦労。
途中経過の写真がなくてほんとすいません・・・
集中して写真撮るの忘れてしまうのです。

一応出来上がりはこんな感じ。
背中にネジがついています。
ネジはマジックテープで縦向きにも横向きにも付けられます。
体に四角く型を入れているので、自立して座ることもできます。
それにしても、ロボットの形は想像以上に大変。
動物や人間の形であればもっと簡単なのですが・・・
思ったより大きくなってしまったので、更に改造してサイズを一回り小さくしました。

ついでに手足はタオル地にしました。
でもまだ顔と体の接合部分が安定せず、改良の余地ありです。
口を動かすのと同時に手を動かすのはかなり至難のわざなので、その辺をなんとかしたいです。
更に余裕が出たら、背中のネジを動くようにしたい。
100円ショップのネジのおもちゃを分解するまではしたのですが、果たしてどのように付ければいいか悩み中。

とりあえず毎月改造中状態のまま一緒に取材に行ってます。
最終形はいつになるかわかりませんが・・・ちゃんと完成したらまた報告します。



ロボットもいるかも?
posted by yascorn at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2008年05月04日

折りたたみテーブルをDIY 〜その3〜

さて、このテーブルに合わせた椅子を用意したい所。
しかしテーブルを折りたたんだ時にその椅子はどうするのか?というのも問題。

折りたたんだ状態。

なので椅子も折りたたみ椅子を買うことにしました。
本当は赤かピンクの椅子を買おうと思っていたのですが、目をつけていたのが実際に座ったらあまり座り心地が良くありませんでした。
ならば機能性だけを考え、白色ですがやはり目をつけていた無印良品のフラットフォールディングチェアにしようと買いに行きました。
しまうときはフラットになるので隙間に立て掛けられます。

が、この商品、かなり人気があるらしく在庫切れ。
取材のこともあり、すぐに欲しかったので都内の他の店舗で在庫がないか探してもらいました。
すると「所沢パルコ内の店舗にちょうど在庫2点残っています。」とのこと。
さっそく翌日に届けてもらいました。
そして届いた椅子に座ってみたところ・・・ベコっ☆と音がして崩壊したのです!!
ええっ!?
もしかしてこの椅子、体重制限があるの? 私の重みで壊れた??
・・・ドキドキしながらよく見てみたら、なんと!不良品でした!

↑これがちゃんとしている方の椅子です。ネジの所を見てください。

↑そしてこれがネジがない椅子。

なんと10カ所くらい(ほとんど)ネジがあるべき所にありませんでした!
無印良品どころか無印不良品です。

びっくりして店舗に電話しました。
「今、椅子を届けてもらったのですが不良品で・・・」と説明したのですが要領を得ない様子。
「ネジが取れたということですか?」
「いえ、最初からネジがないんです!」と私。
真空パックのような状態で納品されているので、ネジが取れて落ちたなら一見してわかりますが、1つもありませんでした。
向こうはうちの商品がそんな状態であるわけない、との先入観からか、どうも納得しません。
店長に代わってもらい、最初から説明してようやく理解してもらえました。
「本当に申し訳ございません。しかし今在庫が他になく、お取り替えするとしても展示見本になってしまいますが・・・」
状態を聞いたら良好、とのことだったのでそれを信じてすぐ届けてもらうことにしました。
数時間後、店長自ら車を運転し、家まで届けてくれました。
「展示品なので、10パーセント引きでその分代金お返しします」
まあ、それなら・・・
それにしても座ってすぐ気づいたからよかったけど、これで私が気づかずお客さんに椅子をすすめて怪我でもされてたら・・・と思うとぞっとします。

というわけで、いろいろありましたが、ついに完成しました〜!!

ここでご飯食べたり作業したり・・・の予定ですが、まだ一度も使ってません・汗

posted by yascorn at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2008年05月02日

折りたたみテーブルをDIY 〜その2〜

表面は塗って白くなりましたが横の厚みの部分は地の色そのまま。
そこに幅に合わせて買ってきたエッジテープ(切断面をカバーするためのテープ)を貼ります。
シール式なのではがしてきれいに貼れればOK!

他の部分の切断面も同じようにテープを貼り、それぞれを木工用ボンドで貼った上、ビス留めしていきます。

出来た部分を天版に蝶番で留めて、あっという間に組み上がりました!

観音開きとなる足板下の部分にキャスターを付けます。
キャスターは小さい物でも留める部分に幅があり、板の厚みだけでははみだしてしまうので工夫して足板の下に更に幅のある板を付け、そこにキャスターをつけることにしました。

今、天板が下になってますが、このようになります。

たたむとこんな感じ。

それを立てておくとこう。
この状態でカウンターに留めておきます。

カウンターとこの机を留める金具も探しました。
万力や他のコの字型の器具なども探しましたが、いい物がありませんでした。
万力などでっぱる部分があると机が閉じなくなってしまいます。
結局金属板を折り曲げてコの字型にし、それを下から挟み込んで留めることにしました。
しかし浅いのでグラグラしてちょっと危険・汗
もうちょっとなんとかしないと・・・
どなたか良いアイデアないでしょうか?

カウンターに留めて開いてみた所。
細かい所で改造余地はあるものの、なんとか形になりました!

〜つづく〜

DIYもできるかも
posted by yascorn at 15:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2008年05月01日

折りたたみテーブルをDIY  〜その1〜

入居する前から考えていたのですが、キッチンカウンターの前にテーブルがほしいと思っていました。ここ↓しかも折りたたみの。

今、食事などは丸いリビングテーブルで床座りでしていますが、腰にも良くないし、来客が大勢来た時や仕事の作業などする時用に、もうちょっと大きめのテーブルが欲しかったのです。
かな〜り探しましたが既製品ではまったくありませんでした。
折りたたみテーブルで真っ白、という物がまず少ないです。
たいていカントリー風だったり、天版が白でも足が変だったり・・・
横幅が135センチ、奥行きも60センチ欲しかったのですがそんな大きな物はまずないし。
折 りたためないテーブルでおしゃれな物ならたくさんあるんですが・・・一時期はそれで妥協してしまおうかと思いましたが、テーブルをそこに置いてしまうと絶 対上に何かのせっぱなしにしてしまったり、下も何かしら置きっぱなしになって片づけなくなってしまう、と思いやめました。

というわけで、ない物は作ってしまおう!と一念発起して自分で作ることに。
かなり無謀です。
本当はカウンターに穴を開けて、そこに作りつけたかったのですが、まともな物ができるかどうかわからなかったので独立型の折りたたみテーブルにすることにしました。
それにこのカウンター、アクタスで6万円近くしたのでうっかり穴を開けたくなかったのです。

そういうことが得意な友達に協力してもらい、まずは入念に設計図を作りました。

それに基づいてホームセンターで材料を買ってきました。
材料代だけで2万円・・・既製品が買える値段です。
無駄にしなようにしなくては。

まず天版となるシナランバーコア合板を白ペンキで塗ります。
実は天版は最初から白く塗られている板でいいや、と思っていたのですがああいう化粧板は机の天版にはならない、と言われてしまいました。
厚さはないし、上で鉛筆書きなどしたらそのまま跡がついてしまうらしいです。
最初からくじけそうになりました。

乾いたら更に上から塗り・・・を何度かやり、ヤスリで表面を磨きます。
カウンターと同じ質感のツルツルした感じが好きなのですが、やはりそうはなりません・汗
ある程度であきらめて、上から透明クリヤーのウレタンニスを塗りました。
これでコーティングされて多少ツルツルするらしいです。
しばらくの間、乾くのを待ちました。

〜つづく〜


部屋作りが楽しくなる!
posted by yascorn at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2008年02月09日

スノードームを作ろう! 〜その2〜

さて、前回でほぼ形は出来てしまいました。
家での宿題は、ドームと土台をボンドで接着し、水の中に沈めて水がもれないか確かめること。
・・・だったのですが、私はまた宿題を直前まで忘れていました。
ダメダメです。
慌ててボンドで接着。
一瞬水につけて、まあ大丈夫だろうと急いで講座に向かいました。

今回パウダーは二種類、スノーパウダーとキラキラパウダーが支給されました。
どちらかで良かったのですが、私はいろいろ試したかったので両方入れることにしました。

ドームに水を入れる前に、まずパウダーを洗います。
どうやって洗うのかというと、パウダーをドームに入れ、水をドーム3分の1ほどそそぎ、スポイトで水を吸い出します。
め、めんどくさ!

この時、なるべくパウダーを吸い出さないように気をつけます。
(本来は別の物で洗って目の細かい茶こしでこして乾かすそうですが、今回は講座で時間がないのでこんな方法だそうです)

しかしここで事件発生!
出がけにいい加減に接着したため、案の定水漏れが・・・!
慌ててボンドを外から足します。
接着面をきれいに見せたくて薄く塗ったのが敗因です。
結局かなりべとべとに塗りました。

水の吸い出しを何度か繰り返しパウダーがきれいになったら本番の水とグリセリンを入れます。
このグリセリンの量で、パウダーがうまく落ちてくるように調節します。
大体水7対グリセリン3が目安だそうです。
最後に中性洗剤をひとたらしすると、パウダーが固まらないそうです。

一応完成。
う〜ん、ちょっとグリセリンの量が多かったかな?
パウダーが浮いてしまってます。
ま、後から調節できるのでまた直せばいいや。

後ろはこんな感じ。
やっぱり背景が黄色だと目立たないですね。

水が入りきれてない部分はバケツなどの水に全体を沈めて目一杯まで入れるそうです。
講座ではそこまでやりませんでしたが、先生は中身の素材を変えたり、色を塗ってみたり、パウダーの代わりにスパンコールを使ってみたりなどいろいろ試しつつ40コほど作ったそうです。
その中で、いくつか色がはがれてきたり、水が濁って腐ったり(何か菌が入ったため)したそうですが、同じ状態でも違いが出るため、未だにこれだ!という作り方がない、とおっしゃってました。
基本は覚えたので、私も家でいろいろと作って試そうと思います。
posted by yascorn at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

スノードームを作ろう! 〜その2〜

さて、前回でほぼ形は出来てしまいました。
家での宿題は、ドームと土台をボンドで接着し、水の中に沈めて水がもれないか確かめること。
・・・だったのですが、私はまた宿題を直前まで忘れていました。
ダメダメです。
慌ててボンドで接着。
一瞬水につけて、まあ大丈夫だろうと急いで講座に向かいました。

今回パウダーは二種類、スノーパウダーとキラキラパウダーが支給されました。
どちらかで良かったのですが、私はいろいろ試したかったので両方入れることにしました。

ドームに水を入れる前に、まずパウダーを洗います。
どうやって洗うのかというと、パウダーをドームに入れ、水をドーム3分の1ほどそそぎ、スポイトで水を吸い出します。
め、めんどくさ!

この時、なるべくパウダーを吸い出さないように気をつけます。
(本来は別の物で洗って目の細かい茶こしでこして乾かすそうですが、今回は講座で時間がないのでこんな方法だそうです)

しかしここで事件発生!
出がけにいい加減に接着したため、案の定水漏れが・・・!
慌ててボンドを外から足します。
接着面をきれいに見せたくて薄く塗ったのが敗因です。
結局かなりべとべとに塗りました。

水の吸い出しを何度か繰り返しパウダーがきれいになったら本番の水とグリセリンを入れます。
このグリセリンの量で、パウダーがうまく落ちてくるように調節します。
大体水7対グリセリン3が目安だそうです。
最後に中性洗剤をひとたらしすると、パウダーが固まらないそうです。

一応完成。
う〜ん、ちょっとグリセリンの量が多かったかな?
パウダーが浮いてしまってます。
ま、後から調節できるのでまた直せばいいや。

後ろはこんな感じ。
やっぱり背景が黄色だと目立たないですね。

水が入りきれてない部分はバケツなどの水に全体を沈めて目一杯まで入れるそうです。
講座ではそこまでやりませんでしたが、先生は中身の素材を変えたり、色を塗ってみたり、パウダーの代わりにスパンコールを使ってみたりなどいろいろ試しつつ40コほど作ったそうです。
その中で、いくつか色がはがれてきたり、水が濁って腐ったり(何か菌が入ったため)したそうですが、同じ状態でも違いが出るため、未だにこれだ!という作り方がない、とおっしゃってました。
基本は覚えたので、私も家でいろいろと作って試そうと思います。
posted by yascorn at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2008年02月06日

スノードームを作ろう! 〜その1〜

1月の3週目と4週目の日曜日に池袋コミュニティーカレッジの「スノードームを作ろう!」講座に行ってきました。
スノードームは何年も前からずっと作りたい!と思っていたのですが、なかなか実現できませんでした。
それにしても池袋コミカレに行くのは「魔女講座」に行った以来ではないでしょうか・・・
(それについてはずいぶん前に、個人HPの日記に書きました)

ちょっと遅刻して教室へ。
机の上にはすでに材料が。

この講座は人気みたいで定員一杯です。
先生の説明しを聞きつつ作業開始。

ところで今回のスノードームはまず作ってみる!ということで、オリジナルのカスタマイズなどはせずに、写真やポストカードの借景に鉄道模型用の人物フィギュアを組み合わせる、という単純な物です。
とはいえこの日までに用意しておかなくてはいけない借景写真をすっかりわすれていました。
池袋に着いて慌ててチラシとか(北海道展をやっていたので寿司の写真など)ケーキフェアのケーキのチラシをゲット!
しかしこんな適当な食べ物写真でいいのだろうか・・・と疑問が沸き、慌ててロフトでカレンダー(半額でした)を買いました。

左が買った切り絵のカレンダー。
これをジャキジャキ切ってしまい、借景にしました。
周りを見回すと寿司のチラシ写真など使っている人は一人もおらず、他のを用意できて良かったとほっとしました。

私が選んだドームは透明なので、表裏両方の借景を用意します。
まずは型紙に沿って切り抜き。
フィギュアはあまり選択肢がなく、パーティーファッションの人物達+ハッピーバスデープレートにしました。(ちょうど誕生日だったので)

切り抜いた物をラミネート加工して周りをカットします。
スノードームは仕上げに水を入れるので、水が入って紙がフニャフニャにならないよう気を付けて作業。

同じように床に当たる部分も楕円形に切り抜いてラミネート。

フィギュアの位置を決めてドームの土台に接着します。
表側の借景はチラシの一部を使用。
アロンアルファで接着すると衝撃で取れてしまうことがあるとか。
それより固まるとゴム状になる接着剤の方が良いとのこと。

裏側は切り絵。
背景の色が黄色なので、イマイチスノーパウダーが映えないかな・・・と思いましたがいろいろ試したかったのでとりあえず。
フィギュアがまるで男女の別れのような配置になってしまいました。
コンセプトは全くないです。
やはり背景を寿司にしなくてよかったです。
posted by yascorn at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

スノードームを作ろう! 〜その1〜

1月の3週目と4週目の日曜日に池袋コミュニティーカレッジの「スノードームを作ろう!」講座に行ってきました。
スノードームは何年も前からずっと作りたい!と思っていたのですが、なかなか実現できませんでした。
それにしても池袋コミカレに行くのは「魔女講座」に行った以来ではないでしょうか・・・
(それについてはずいぶん前に、個人HPの日記に書きました)

ちょっと遅刻して教室へ。
机の上にはすでに材料が。

この講座は人気みたいで定員一杯です。
先生の説明しを聞きつつ作業開始。

ところで今回のスノードームはまず作ってみる!ということで、オリジナルのカスタマイズなどはせずに、写真やポストカードの借景に鉄道模型用の人物フィギュアを組み合わせる、という単純な物です。
とはいえこの日までに用意しておかなくてはいけない借景写真をすっかりわすれていました。
池袋に着いて慌ててチラシとか(北海道展をやっていたので寿司の写真など)ケーキフェアのケーキのチラシをゲット!
しかしこんな適当な食べ物写真でいいのだろうか・・・と疑問が沸き、慌ててロフトでカレンダー(半額でした)を買いました。

左が買った切り絵のカレンダー。
これをジャキジャキ切ってしまい、借景にしました。
周りを見回すと寿司のチラシ写真など使っている人は一人もおらず、他のを用意できて良かったとほっとしました。

私が選んだドームは透明なので、表裏両方の借景を用意します。
まずは型紙に沿って切り抜き。
フィギュアはあまり選択肢がなく、パーティーファッションの人物達+ハッピーバスデープレートにしました。(ちょうど誕生日だったので)

切り抜いた物をラミネート加工して周りをカットします。
スノードームは仕上げに水を入れるので、水が入って紙がフニャフニャにならないよう気を付けて作業。

同じように床に当たる部分も楕円形に切り抜いてラミネート。

フィギュアの位置を決めてドームの土台に接着します。
表側の借景はチラシの一部を使用。
アロンアルファで接着すると衝撃で取れてしまうことがあるとか。
それより固まるとゴム状になる接着剤の方が良いとのこと。

裏側は切り絵。
背景の色が黄色なので、イマイチスノーパウダーが映えないかな・・・と思いましたがいろいろ試したかったのでとりあえず。
フィギュアがまるで男女の別れのような配置になってしまいました。
コンセプトは全くないです。
やはり背景を寿司にしなくてよかったです。
posted by yascorn at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2008年02月05日

テルミン

九州から無事に帰ってきました!
その日東京は大雪だったらしいですね。
編集さん達はみんなその日飛行機が飛ぶのかどうか直前までわからずパニックしてました。

ところで九州レポートの前に書きそびれていたものを書かせてください。
ちょっと前に「大人の科学」のテルミンが付録の物を買いました。
初回に買いそびれたので再販した物を2つ買い。(一つは改造用)

買ってしばらく放置していたのですが、翌日とある新年会で「イントロクイズでテルミン使いたいから持ってきて〜」との依頼。
慌てて夜中に組み立てました。

でもほんと良く出来ていて親切設計。
あっという間に間違えもせず出来上がりました。

これで税込み2300円は安い!
さっそく試してみましたが、レンジが狭くて普通のテルミンより難しかったです。
翌日のイントロクイズでは活躍していたので良かったです。
(でも聞き取る方もかなり難しかった・・・)

ところで先週入ったニュースでこの大人の科学を出している学研トイズの会社が解散とのこと。
なんでそこまでの騒ぎに・・・?
恐るべし中国。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080117/trd0801172121010-n1.htm

食品や他についても最近の中国の動きにはただならぬ怖さを感じます。
でもなんだか餃子の事を考えていたら逆に食べたくなってしまい、昨夜帰って早々に食べてしまいました。
もちろんMADE IN JAPANです。
posted by yascorn at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

テルミン

九州から無事に帰ってきました!
その日東京は大雪だったらしいですね。
編集さん達はみんなその日飛行機が飛ぶのかどうか直前までわからずパニックしてました。

ところで九州レポートの前に書きそびれていたものを書かせてください。
ちょっと前に「大人の科学」のテルミンが付録の物を買いました。
初回に買いそびれたので再販した物を2つ買い。(一つは改造用)

買ってしばらく放置していたのですが、翌日とある新年会で「イントロクイズでテルミン使いたいから持ってきて〜」との依頼。
慌てて夜中に組み立てました。

でもほんと良く出来ていて親切設計。
あっという間に間違えもせず出来上がりました。

これで税込み2300円は安い!
さっそく試してみましたが、レンジが狭くて普通のテルミンより難しかったです。
翌日のイントロクイズでは活躍していたので良かったです。
(でも聞き取る方もかなり難しかった・・・)

ところで先週入ったニュースでこの大人の科学を出している学研トイズの会社が解散とのこと。
なんでそこまでの騒ぎに・・・?
恐るべし中国。
http://sankei.jp.msn.com/life/trend/080117/trd0801172121010-n1.htm

食品や他についても最近の中国の動きにはただならぬ怖さを感じます。
でもなんだか餃子の事を考えていたら逆に食べたくなってしまい、昨夜帰って早々に食べてしまいました。
もちろんMADE IN JAPANです。
posted by yascorn at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2008年01月14日

家でそばを打つ 〜いえそば〜

タカラトミーが昨年出した「いえそば」を知っていますか?
家庭用簡単そばうちメーカーです。

半年ほど前にWBSで紹介されたのを見て以来、いつか自分の打った蕎麦で年を越すのを目標にしていた私は「今年の年越し蕎麦はこれで打つぞ!」と決心していました。
しかし「いえそば」を手に入れたのは大晦日2日前。(アマゾンで)
いつもギリギリなのが私らしいです。

さて大晦日当日、家でパーティーをやろうかと考えましたがなんとなく体調が悪くてやる気がしない。
とりあえずはそば粉を買いにスーパーに行ったのですが、ないのです!
そば粉が!
簡単に手に入る物と思っていた私は焦りました。
かろうじて1つだけ残っていたうどん粉をゲット。
「そばでなくうどんを打つか・・・?」
いえそばでうどんも作れるのです。
しかし年越しなのに・・・
半ば諦めたのですが、年を越してからなんとかそば粉が手に入り、せっかくなのでのろのろと蕎麦作りを始めました。

まずはそば粉と中力粉と水の分量を正確に計ります。
いえそば本体に粉200gを入れる。
粉は、そば粉とつなぎ用の小麦粉が必要。
そば粉6:小麦粉4の割合。
最初は説明書を良く読まず、いきなり混ぜて失敗しました。
説明書を良く読まないのも私らしいですが、読んだ方がいいです。

粉と水を混ぜ合わす「水回し」が蕎麦打ちでは一番難しいらしいのですが、この機械はハンドルを回すだけでうまくできるのです。
フタを閉めハンドルを30秒程度で粉がまざるので、そこに水を入れます。
ハンドルを3〜4分回し、フタの水が無くなるころに、粉が「つぶ状」になります。

ハンドル部分が写ってませんが、そば粉がだんだん固まっていきます。

いい感じになったらそば生地を取り出して3〜4分程度良く練ります。

これを2つに分け、ラップをしておきます。
一度に二人分しかできないので、たくさん作りたければここまでの作業を再度やります。

次は「のし」用のローラーパーツを取り付けて、「のし」の作業。
一人分ずつの生地をこのくらいに伸ばして打粉をした後、「のし」て行く。
右側のダイヤルを回すと生地がのされていきます。

のした生地をいよいよ「麺切り」。
麺切り用のパーツに交換し、打粉をした「のし」を入れて、ダイヤルを回すと麺がニュ〜ッと出てくるはずだったのですが、写真程度に麺が出たあと、機械が詰まってしまいました。
生地は写真通りに完璧に出来たはずですが・・・
後から説明書を再度読みましたが「のし」を2回やらなかったのが原因かも?

仕方ないので包丁で切りました。
疲れてどんどん麺が太くなります。

茹でます。

できあがり!

麺も短いしうどんのようですが、味は良かったです。
やっぱり打ちたてはおいしい☆
今度はぜひうどんに挑戦します。

同じくタカラトミーの「ろくろ倶楽部」でそばちょこを作って・・・と思っていたのですが、それを使用した人が「作った物がすぐ割れた」と言っていのでやめました。
ちなみに今、アマゾンでいえそばの値段を見てみたら私が買った時は
参考価格: \ 13,125 (税込)が\ 9,440 でしたが
現在は \ 7,950 (税込) でした。安い!
posted by yascorn at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2008年01月04日

年賀状はこうしてできた

今回の年賀状はマトリョーシカに絵を描いて、それを写真に撮った物にしようと決めてました。
白木のマトリョーシカはずいぶん前に買っておいたのですが、結局作り始めたのが年明け・・・まあ、郵便局も「新年に書くのもいいよね」とかなんとか言ってたのでまあ良しとしてください。

まずは下絵。
下絵は全部で1時間で出来ました。
このペースなら一晩で出来るかも・・・?と思ったのですが、この後具合が悪くなって2時間ほど仮眠。

起きてから色塗りの作業。
キャラの色は決まっていますが、背景や文字の色を何色にするか決めてなかったので塗りながら適当に決める。

だんだん出来て来ました。
そして完成したのがこれ↓

結局寝たり起きたりで丸2日かかりました。
色味も全体に薄い。
もっとパキッとした色にしたかったんだけど、具合の悪さがそういう所に出ますね。
それとキャラだけだったら数時間でできたんだけど、うっかりさみしいと思って、両脇にキャラの名前を入れてしまったんですね。
これがくそめんどくさかった。失敗。
これからはもっとシンプルにします。
・・・正確に言うと、これは表裏の絵がつながってないのでマトリョーシカではないんですけどね(汗)

デザインはかなりシンプルです。
年賀状を作ろう、というよりたまごっち絵柄のマトリョーシカが作ってみたかっただけなので、マトリョーシカが完成した所であとはどうでも良くなってしまいました。
なんか作り終えちゃうと満足しちゃうっていうか・・・
(家も?・・・汗)

ま、詰めが甘いのもいつものことです。
とりあえず、今晩中にプリントや宛名書きをなんとかしたいところです。

posted by yascorn at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2008年01月02日

あけましておめでとうございます


遅ればせながら新年おめでとうございます。
マイペースな私ですが、今年もどうか暖かく見守っていただけると幸いです。

年末から体調が怪しい感じだったのですが、とうとう風邪をひいてしまいました。
仕事している時はこのくらい気合いで吹き飛ばすのですが、やはり休みだと思うと気が抜けるんでしょうね・・・えらいというかなんというか。
実家にも帰ることもなく、一人寝ていたら1日は終わっていました・汗。
今日はこれから年賀状書きです。
先ほど昨年のブログを見たのですが、昨年の方がよほど大変だったのに、年賀状がもう出来ている!
自分に負けた気がして落ち込みました。
とりあえず年賀状作りの材料は以下です。

さてさて、どんな年賀状になるのか・・・出来上がったらブログに写真アップしますね〜。
posted by yascorn at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2007年09月24日

地震が来る!?


食器棚の上に乗っているのは我が家の救急箱と緊急避難箱です。
左の赤の十字が救急箱。
薬などが入ってます。
右の青の十字が緊急箱。
災害などの避難時に必要な物が入ってます。

これはIKEAのSLUGISボックス(一個549円+フタ149円)に自分で工作しました。
作り方をご紹介☆
まずはカッティングシートを幅10センチ分ほど用意します。

裏に下線を書いて、十字に切って・・・

曲がらないように貼ったら、はい、できあがり!

「工作とは言えないだろー!」と総ツッコミが聞こえてきました。。。

ところで「磁気方位センサーによる地磁気観測」というサイトで、この連休中に地震が起きるかも!?と予測するような計測結果が出ていたのですが、予測規模の値がここ数日で減少してきたようで、安心しました。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/shioi/ChijikiData.htm

とはいえ、いつでも災害に対応できるように準備はしておかないと・・・
前々からそういう用意はしていたので、準備は万全のはず。
充電式のラジオ&懐中電灯&携帯充電器はあるし、水を濾過する装置もあるし。
念のため緊急避難箱の中身をチェックしてみたら、カンパンの賞味期限が切れていました。
ライターも湿気てしまったのか火がつきませんでした。
水のペットボトルも入れておいたはずですが、何かのおりに使ってしまいなくなってました。
どこが万全だ・・・ちゃんと準備し直します。

そういえば緊急用の食べ物の人気ナンバー1はカップラーメンだとか。
みなさんの緊急避難バッグの中身は何が入っているのでしょうか?
posted by yascorn at 14:40| Comment(1) | TrackBack(1) | 手作り・DIY

2007年03月27日

組み立て家具を組み立てました


あれからせっせと作り続け、浅見光彦シリーズがちょうど始まった頃に3つとも完成。
しかしネジがちゃんと入ってない部分が多い・・・汗。
乱雑に扱うと壊れるのは確実。まあいいや。
しかし作っている最中、今更ながら発見したこと。
ドリルやドライバーって磁石になってるんですねぇ〜。

常識だ!と怒られそうですね。
知っていたはずの事なのですが、改めてひさしぶりに自分でドライバー使って再認識しました。
今の子供達に「お芋はこんな風に地面に埋まってるんだよ〜」と教えても、実際に自分達で掘ってみた時の感覚はかなり違うだろうな。
そんな感じです。
やっぱり子供のうちにいろ〜んな体験をしておいた方がいいですね。
そういえば今日は妹の子供の誕生日なのでした。
一年って早いなあ。
おめでとう。

さっそく漫画本を棚に移し替えてみる。
ぜ、全然入りきらない・・・まだあと段ボール5箱分はあるのです。
それに実家にもまだ漫画が・・・汗。
とりあえず、追加であと3つ同じ物を頼むことにしよう。
ちなみに1コ5490円です。
posted by yascorn at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY

2007年03月26日

組み立て家具を組み立て中


仕事場横の壁際に、大きい収納があります。
そこの下の段に、以前から使っていた漫画ラックを入れるつもりだったのですが、なんと奥行きがわずかに足りず、入りませんでした。
ちゃんとサイズを測って作ってもらったはずだったんだけどなあ・・・?
仕方ないのでごらんの通り、段ボールのまま入れています。
ちゃんと途中で現場をチェックしに行かないとダメですね・汗

というわけで、再度別の漫画用ラックを手に入れようと、ず〜っと探していたのですが、これがなかなか見つからない。
こういう物はたいてい通販雑誌やネットでしか扱っていないので、かなりの数を見たのですが、ちょうど良いのがありませんでした。
そしてやっと、これでいいかな?と思えるものを先日ムトウで発見。
注文してから2週間ほどかかりましたが、今日届いたのでさっそく格闘してみました。

しかしこれがなかなか大変。
箱を開けてから一つを組み立て終わるまで、1時間半かかりました。
途中で逆につけたのに気づいてやり直したり、またもやネジがちゃんと入ってない所があったり・・・
基本的にそんなに器用ではないのです。
とりあえず一つはできました。

これがあと2つあるのです・・・
楽しみにしている今日のテレビドラマ・浅見光彦シリーズが始まるまでにはなんとか終えたいところです。
posted by yascorn at 18:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 手作り・DIY

2007年03月22日

洗面所改造〜その2〜


前回の洗面所改造からだいぶたってしまいましたが
http://blog.smatch.jp/sugiki/archive/124
また新たに手を加えてみました。
前々から買っておいた伸びる鏡(なんていう名称なのでしょう?)とティッシュケースです。
シンプルなだけで終わらせるのでなく、なんだかこういう物が加わってく感じが好きです。
楽しい。

みよ〜ん。と伸びます。
壁に直接止める勇気はなく、棚と棚に取り付けました。
しかし棚自体をこれを付けることを考慮せずに付けてしまったので、微妙に止めたネジが奥まで入っておらず、ちょっとグラグラします・汗。
くるっと裏返すと拡大鏡になります。
1000円ショップで買いましたが、IKEAでは確か999円でした。
鏡が目の前にあると、何かと便利です。
ティッシュボックスは両面テープでペタッと貼ってしまいました。
壁からティッシュが出てくるみたいで気に入ってます。

さすがに鏡をつけると重いので、前回虫ピンがささらなかった棚下にL字フックを付けました。
初めて電動ドリル使いました。
虫ピンはそのままです。
私の家に遊びに来た人は、棚下を見ないようにしてください。
posted by yascorn at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り・DIY